スズキ、新プラットフォームとマイルドハイブリッドを採用した新型「ワゴンR」を発表
Related Gallery:Suzuki Wagon R

スズキは2月1日、6代目となる新型「ワゴンR」および「ワゴンR スティングレー」を発表。同日より発売した。新開発プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用した車体に、発進時にモーターのみで走行できるようになった「マイルドハイブリッド」を搭載し、JC08モード燃費では軽ワゴン最良となる33.4km/Lを達成したという。

Related Gallery:Suzuki Wagon R

軽量と高剛性を両立したという新プラットフォームの採用によって、車両重量は先代から20kgほど軽量化された。「アルト」や「スイフト」ほど劇的に軽くなったわけではないが、むしろパッケージングの方に恩恵が大きいらしい。軽自動車なので全長が制約される中、ホイールベースを35mm伸ばすことで室内長は先代の2,165mmから2,450mmに大きく拡がった。しかも最小回転半径は4.4mとまったく変わっていない。




新型ワゴンRの機械的なもう1つの特長はパワートレインにある。リチウムイオン・バッテリーと「ISG」と呼ばれるモーター機構付発電機を組み合わせた電気によるアシスト・システムは、従来の「エネチャージ」や「S-エネチャージ」に替わって、小型車で採用されている「マイルドハイブリッド」に進化した。具体的に数値を挙げると、リチウムイオン・バッテリーの容量は従来の3Ahから10Ahに増大し、モーターも最高出力2.2ps/最大トルク4.1kgmから、3.1ps/5.1kgmに向上。これによって加速時にエンジンをアシスト(100km/h以下、最長30秒間)するだけでなく、発進時にはモーターのみによるクリープ走行も可能(13km/h以下、最長10秒間)になった。



658cc直列3気筒「R06A」型エンジン自体は基本的に従来から引き継ぐが、冷却性能の強化や補機ベルトの張力低減に加え、エンジニアの方によれば「あんまり言えないけれど、細かな改良を色々とやっている」という。最高出力52ps/6,500rpmは変わらず、最大トルクが6.4kgmから6.1kgm/4,000rpmにわずかに減った。モーターのみによるクリープ走行から、エンジンが始動し、さらに加速時にエンジンをモーターがアシストするまで、すべての段階でシームレスに、乗っている人が段差を感じないようにチューニングしなければならなず、これに非常に苦労されたとか。「特にCVTに乗っていらっしゃるお客様は、段差がないのが当たり前ですからね」とパワートレイン担当者の方は仰る。ちなみに新型ワゴンRのトランスミッションは、非ハイブリッド車も含め全てCVTのみとなり、ついにマニュアル・トランスミッションの設定はなくなった。JC08モード燃費は先代の33.0km/Lから33.4km/L(自然吸気ハイブリッド前輪駆動モデル)に0.4km/Lだけ向上したが、これも単に燃費の数値だけを追求するのではなく、日常的な乗り味を重視した結果だそうだ。



「ワゴンR スティングレー」には最高出力64ps/6,000rpmと最大トルク10.0kgm/3,000rpmを発揮するインタークーラー・ターボ付きエンジンも用意され、これにもマイルドハイブリッド・システムが組み合わされる。ちなみに、エンジンとモーターの合計最高出力が(軽自動車の業界自主規制値である)64psを超えることはないという。このシステムはエンジンの出力が低い回転域をアシストするためのものだからだ。



プラットフォーム、パワートレインに続いて、新型ワゴンRにおける3つ目の大きな進化は、安全性の向上を目的とする数々の先進機能が採用されたこと。前方衝突警報&自動ブレーキは、従来の「レーダーブレーキサポート」から、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを用いた「デュアルセンサーブレーキサポート」に替わった。「ハスラー」や「スペーシア」等に採用されている「デュアルカメラブレーキサポート」ではなく、夜間に強いレーザーレーダーを搭載したことで、先行車や対向車を検知すると自動的にヘッドライトをロービームに切り替える「ハイビームアシスト機能」が新たに装備された。

また、これらの安全機能が含まれる「セーフティパッケージ」を装着すると、軽自動車初となる「ヘッドアップディスプレイ」も搭載される。運転席前方に立ち上がるこのディスプレイには、車速や警告表示のほか、オプションのナビゲーション・システムを装備すれば交差点案内も表示される。



エクステリア・デザインは、どことなく初代ワゴンRを思い出させるベーシックな「FA」および「HYBRID FX」と、スポーティな「HYBRID FZ」、そしてアグレッシブな「スティングレー」という3種類のタイプが揃う。これらは1つのデザイン・チームが基本的に同時進行で作り上げたそうだ。フェンダーやドアなどのパネルは共通で、ヘッドライトとグリルを大胆に(あと前後バンパーも)替えることで巧く造り分けている。外から見て特徴的なBピラーには、ドアを開けると濡れた傘を差しておける実用的なアンブレラ・ホルダーが備わる。雨水は下に開けられた穴からボディ内の雨どいを通って外部に排出される仕組みだ。リアに新設されたクォーター・ガラスは、斜め後方の視認性を改善するためだという。



水平基調にセンターメーターを採用したインテリアは、すっきりした印象を受けた。センターのパネルには、オプションからメモリーナビゲーションかCDプレイヤーを選ぶことになる。オーディオレスが標準なのだが、ここに何もないのはあんまりだ。今やヘッドアップディスプレイが装備され、トランスミッションもCVTのみとなると、スピード・メーターやタコ・メーターはそれほど重要な計器と見なされなくなるのか、中央より助手席側に配置されている。小さなエアコンの操作パネル(写真左)はフルオートならではだが(最廉価グレードのFAに装備されるマニュアル式エアコンはもっと大きなダイヤルが備わる:写真右)、使いやすいかどうかは不明だ。内装色はブラックの他に、FAとFX ハイブリッドではベージュも選べる。



価格はベーシックなFAの前輪駆動モデルが107万8,920円と先代から変わらず、それ以外のモデルはハイブリッドと安全機能などのアップグレード分、わずかに値上げされた。最高価格はスティングレーのターボ付き「HYBRID T」4輪駆動モデルで177万9,840円となっている。



初代はちょっと変わり種の軽自動車としてデビューしたワゴンRだが、今やスズキによれば「ちょうど真ん中に位置するモデル」になっているという。確かに、スライドドアや超ハイトな車内を必要としない方であれば、これが(価格も含めて)ちょうどいいと思われるかもしれない。詳しい情報は以下のURLから公式サイトをご参照いただきたい。


スズキ 公式サイト:ワゴンR
http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/
ワゴンR スティングレー
http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/