Related Gallery:LEXUS LC500

レクサスは2日、2016年の全世界販売実績を発表した。コンパクト・クロスオーバー「NX」や2015年後半に投入された新型「RX」などが販売を牽引し、67万7,615台(前年比104%)と前年実績を上回り、4年連続で過去最高の販売実績となったという。

レクサス・インターナショナルの福市得雄プレジデントは、「競争の激しいラグジュアリーカー市場において、より多くのお客様にレクサスを選んでいただけたことを大変光栄に思います。2017年はラグジュアリークーペLCの発売や、フラッグシップセダンLSの発表に象徴されるレクサスブランド変革の年であり、お客様に驚きと感動を提供するラグジュアリーライフスタイルブランドへと進化すべく、引き続き努力して参ります。」と述べた。

2016年のレクサスは、まず1月の北米国際オートショーで新型ラグジュアリークーペ「LC」を発表。11月には映画制作会社EuropaCorpとのクリエイティブパートナーシップにより、リュック・ベッソン監督作品『VALERIAN AND THE CITY OF A THOUSAND PLANETS』に登場する一人乗りの宇宙船「SKYJET」(下の画像)のデザイン具現化をサポートしたことを発表したほか、2015年に続きミラノサローネにおいてインスタレーションを出展するなど、「クルマだけに留まらないラグジュアリーライフスタイルブランドとしての取り組みも積極的に実施してきた」という。



販売面では、3月にハイブリッド・モデルのグローバル累計販売実績100万台を達成したほか、日本、ヨーロッパ、中国および東アジア・オセアニアでそれぞれ過去最高の販売台数を記録し、年間の販売実績が日本では5万台、中国では10万台を初めて超えるなど、着実に売上げを伸ばしている。

2016年1~12月の地域別の販売実績は以下の通り。

北米:35万4,813台(前年比96%)
中国(香港を含む):11万0,239台(前年比125%)
欧州:7万4,316台(前年比117%)
日本:5万2,149台(前年比108%)
中東:3万9,581台(前年比89%)
東アジア&オセアニア:35,900台(前年比118%)
その他:1万617台(前年比113%)

日本では今春にいよいよLCが発売され、さらに年末までには米国で新型LSの販売開始も予定されている。レクサスの勢いは2017年も続きそうだ。


■レクサス 公式サイト
https://lexus.jp/