【ビデオ】防犯カメラで撮られた、ダッジ「チャージャー SRT ヘルキャット」があっという間に盗まれる瞬間!
先月末、米国デトロイトにあるカーディーラーのショールームから、ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」が盗まれた。今頃、この窃盗グループはドライビングの腕を着々と磨いているに違いない。

Fox News』が伝えるところによると、この事件が起こったのは1月24日午前1時頃。ミシガン州デトロイト市ハイランド・パークのディーラー「Snethkamp Ram City」に2人組の窃盗グループが侵入した。防犯カメラは、2人が入口の大きなガラスのドアを割ってショールーム内に侵入し、一瞬にして7万5,000ドル(約860万円)のチャレンジャー SRT ヘルキャットを盗み出す様子を捉えている。2人はヘルキャットを手で押して、ワゴン車が待つ店外のウッドワード・アベニューまで運び出すと、大胆にもヘルキャットの後部をこのワゴン車で押ながらレッカー車が停車している場所まで移動し、クルマと共にどこかへ消え去ってしまった。

このディーラーのオーナーであるマーク・スネスカンプ氏は、地元ニュース・ラジオ『WWJ』のインタビューに対して、「犯人がドアを壊してからヘルキャットを店外へ運び出すまで、1分30秒くらいしか掛かっていない。その後は店外に置いてあったクルマを使って運び去られた」と語っている。また、同氏は、「防犯カメラの映像は犯行の一部始終を捉えていたが、実際に警察が到着したのは犯人が去った直後だった。逮捕されなかったことが残念でならない」と続けた。スネスカンプ氏によると、この店舗では1990年代から今回のような窃盗が起きたことはなかったという。

なお、この窃盗グループはいまだ捕まっておらず、盗まれたクルマも見つかっていない。デトロイト警察は、警察本部またはミシガン州の盗難防止対策「HEAT(the Help Eliminate Auto Thefts)」の通報ダイヤルまで電話での情報提供を呼びかけている。





By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー