アウディ ジャパン、認定中古車に新保証制度を導入 新車登録から10年以内・10万km以下なら認定対象に
アウディ ジャパンは、「アウディ認定中古車(Audi Approved Automobile)」に新保証制度を導入し、2017年2月1日(水)中古車登録分からその適用を開始すると発表した。

アウディが厳選した中古車に安心のサポートや保証が付帯されているアウディ認定中古車(AAA)では、これまで初度登録から8年以内・走行距離9万km以下の車両が認定中古車として販売されてきたが、2月1日以降の新保証制度では、認定中古車としての認定対象を初度登録から10年以内・走行距離10万km以下に拡大。従来は「1年保証+延長保証 1年(オプション)」と設定されていた保証期間も、新制度では初度登録から6年以内・走行距離6万km以下の車両に「2年保証」を標準付帯する。

アウディ ジャパンによれば、新保証制度では車齢と走行距離によって以下の3つのグレードが設定されるという。

1. 初度登録から最長5年無償保証の「AAA Premium Plus」
2. 中古車登録から2年保証の「AAA Premium」
3. 中古車登録から1年保証+1年延長保証(オプション)の「AAA」

このうち、最高位のAAA Premium Plusは初度登録から3年以内・走行距離6万km以下の車両が対象となり、輸入車業界初の最長5年無償保証(新車3年保証+2年保証)が付く。

さらに、MMIナビゲーションおよび標準装着オーディオ(メーカーオプション含む)も新たに保証対象となった。

アウディ認定中古車は、従来からの認定要件である「修復歴車・改造車でないこと」といった条件に加え、100項目に及ぶ納車前点検やナビゲーション地図のアップデートも適用可能車種で実施した上で納車される。保証の対象はエンジン、トランスミッション、ブレーキやサスペンション等の主要部品を含み、購入後の走行距離に関係なく保証。故障などの予期せぬトラブルには、365日体制で応急処置アドバイス、出張応急修理や牽引搬送等を迅速に行うロード・アシスタンス・サービスも継続して付帯される。またグループ会社であるアウディ ファイナンシャル サービスが新制度の運営事務局を担い、保証制度の円滑な運営を支援するという。

現在、アウディ ジャパンは成長戦略の一環として、ディーラーへの設備投資等を通じ、効率的なディーラーネットワーク構築にも積極的に取り組んでおり、最新のCI/CDを導入した店舗や業務品質向上に加え、アウディ認定中古車販売店の拡充も積極的に推進していくとのこと。現在、全国におけるアウディ認定中古車(AAA)販売店数は99店舗(認定中古車を専門に販売するAAAセンター店:47店舗+新車と認定中古車を併売するコーナー店:52店舗)となっている。

10年以内・10万km以下にまで対象が拡がるということは、それだけ手頃な価格の認定中古車も増えそうだ。限られた予算で新車に近い「A3」を買うか、それとも走行距離はちょっと多めになるが思い切って3.0リッターV6スーパーチャージャー付きの「S4」を狙うか。クルマ好きの悩みはますます深まるかもしれない。アウディ認定中古車は以下の公式サイトから全国の在庫車を検索できる。


アウディ ジャパン 公式サイト:Audi認定中古車
http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/usedcar.html