Related Gallery:Mercedes Design Workshop

メルセデス・ベンツは、自動車のデザインにおけるキャラクターラインなど時代遅れであると提言しているようだ。先日ドイツで開催されたフォーラムで、同社は将来のデザインの方向性を示すコンセプトと、近々発表予定のスポーツカーやセダンのプレビューを公開した。

メルセデス・ベンツ、曲線の美しいスポーツカーと未来のデザイン・コンセプトをプレビュー

写真を見ると、フェンダーが大胆に隆起した曲線の美しいスポーツカー(シルバーのクルマ)や、リア・エンジンのハイパーカーと見られるモデル(白のクルマ)が確認できる。後者はおそらく、我々が何ヵ月も前に情報を得たモデルだろう。また、メルセデスが「スポーティ・サルーン」と呼ぶ赤いクルマもあるが、こちらは丸みのあるフェンダーとホリゾンタル・バーのグリルが特徴的だ。



さらにメルセデスは、「Aesthetics A」と称するデザイン・コンセプトを公開した。赤いシートで覆われているように見えるこのクルマは、次期型「Aクラス」のプレビューだ。同社によると、このデザインは細かいラインを排除した、よりすっきりしたデザインを目指すための次のステップということだが、サイドには彫りの深いキャラクターラインがはっきりと見て取れる。


By Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー