【ビデオ】人気ラリーゲーム「DiRT4」の海外版が6月に登場
英国のゲーム会社コードマスターズは、人気ビデオゲーム「DiRT」シリーズ待望の新作となる「DiRT4」を6月に発売すると発表した(日本語版については未発表)。昨年、スピンオフの「DiRT Rally」がリリースされたものの、2011年に「DiRT3」が発売されて以来、ラリーカーだけでなくトラックやバギーなどの車両も含まれるDiRTシリーズの正式な続編は出ていなかった。

この発表に合わせて、ゲーム内で夜間ラリーのグラベルステージを駆け抜けるフォード「フィエスタ R5」のトレーラー映像(と、スタジオに用意された実車のフィエスタの映像)が公開された。トレーラーではゲームの内容までは分からないが、コードマスターズは公式サイトでその詳細を明らかにしている。伝統あるFIA世界ラリークロス選手権の公式ゲームとして、同選手権のレースを楽しめるのが特徴だ。さらに、トラックやバギーでのレースが楽しめるLandrush(ランドラッシュ)も復活する。ちなみにFIA世界ラリークロス選手権は、タナー・ファウストとスコット・スピードが参戦するグローバルラリークロス選手権とは異なるシリーズなのでご注意を。

レースの舞台もたっぷりと用意されている。コードマスターズは、このゲームで3大陸のコースを収録すると言っている。そのうちの2つは恐らく北米大陸とヨーロッパ大陸だろう。DiRT Rallyでは既にパイクスピークとモンテカルロのコースが含まれていたから、新作でもこれらのコースが引き継がれるのは当然と言えるだろう。

また、新たに「Your Stage」と呼ばれるコース作成機能が備わるという。この機能は、プレイヤーが各種パラメーターとロケーションを設定することができ、その情報に基づいて独自のラリー・ステージが作成されるというもの。『グランツーリスモ5』でコーナー数やコース幅、ロケーションなどを設定してオリジナルコースを作れるコースメーカーに近いものになりそうだ。なお、DiRT4でも自分で作ったオリジナルコースを共有することができるという。

DiRT4はプレイステーション4、Xbox One、PC用がそれぞれ発売される予定だ。ただし、6月に発売されるバージョンは日本語をサポートしていない。




By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー