スズキがインドのグジャラート州アーメダバードに設立した四輪車生産の100%子会社「スズキ・モーター・グジャラート社」が、同州ハンサルプールに建設していたグジャラート工場が完成し、2月1日より量産車の生産を開始する。
 SMGは、今後のインド自動車市場の伸張及びインドからの輸出拡大に備えて生産能力を確保するために、スズキとしてはインドでは初めてとなるスズキ100%全額出資の四輪車生産のための新会社で、2014年3月に設立。グジャラート工場は、同州ムンドラ港に近い位置にあり、欧州、アフリカや日本を含む海外への輸出基地として活用する。マルチ・スズキ社とは別の生産会社とすることで、両社がお互いに切磋琢磨し、インドにおけるスズキ四輪車の生産性および品質を向上させる。


グジャラート工場で生産された車両は、マルチ・スズキ社に供給され、生産車種は、プレミアムハッチバックの「バレーノ」で、マルチ・スズキ社の「NEXA(ネクサ)」店にて販売。


 マルチ・スズキ社のグルガオン、マネサール両工場での2016年暦年の生産台数は151万5千台で、フル生産が続いていた。スズキのグジャラート工場は、今後徐々に生産を軌道に乗せ、最終的には年間の生産能力は25万台となる。2019年初めの稼働を目指し、グジャラート第二工場とエンジン・トランスミッション工場の建設も計画、第二工場完成時にはインドの生産能力は200万台となる見込み。

■スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/