【東京オートサロン2017】これからの女性向けトヨタ「ヴィッツ」はこうなる!? 豊田自動織機が提案するヴィッツが登場!!
Related Gallery:TAS2017 Toyota Industries Corp.

豊田自動織機は、女性社員が考えた"これからの女性向け「ヴィッツ」を具現化したコンセプト・モデルを東京オートサロン 2017に出展した。

女性向けというと「ミラココア」や「アルトラパン」のようにかわいいモデルが多いが、今回のモデルは一味違う。

現代女性が憧れるカッコいい大人の女性のスタイルを表現したというヴィッツは、ピンクやパステルカラーではなく、ネイビー。


ボディカラーは、オリジナルで塗装されたネイビーベルベット。クラシカルで上品な印象を与えるカラーに仕上がっている。

メッキパーツがポイント使いで配置されているが、通常のシルバーやゴールドではなく、ブロンズのようなカッパーゴールドカラーとなっており、ジュエリーを感じさせる、新鮮な仕上がりとなっている。


インテリアは、ネイビー、ブラウン、ブラックを基調に高級感のあるレザーやスウェード素材を表皮に採用し、シックで上質な印象に仕上げられている。

クラシカルでありながらモダンで抜け感のある空間を演出したというインテリア・デザインは、女性ならずとも好感の持てる仕上がりとなっている。

ところで、読者の中には、なぜ豊田自動織機がヴィッツのカスタマイズカーを出展しているか疑問を持った人もいるかもしれない。実は、豊田自動織機はヴィッツの生産を担っており、同車が売れることで、工場としても活性化することから、今回のような新たなヴィッツのコンセプトカーを出展しているのだ。

メーカー・ブースのコンセプトカーとは違い、このまま市販化になるということはなさそうだが、オートサロンでの評判次第では、今後のモデルでこのようなエッセンスが量産車に盛り込まれるに違いない。


豊田自動織機 公式サイト
https://www.toyota-shokki.co.jp/