Related Gallery:TAS2017 Kurl Japan

東京オートサロンの見どころの一つは、アッと驚くような、ど派手なカスタマイズカーだ。今回会場で際立って存在感が高かったミニバンの一つはこのトヨタヴェルファイア」だろう。

KUHL-RACING JAPANが出展したこの「KUHL&ROHAN メタル・ヴェルファイア」は、東京オートサロン2017のミニバン・ワゴン部門で最優秀賞を受賞したモデルでもある。


ボディにパテを塗り、マスキングをして作られたラインや手作業での彫刻により作り上げられたこのデザインはまさに職人技。

昨年は日産「GT-R」のゴールドカラーをご紹介したが、今年はカスタマイズカーで人気ミニバンのヴェルファイアでこの繊細な意匠を作り上げ出展。GT-Rより圧倒的に表面積が大きいミニバンなだけに、迫力は昨年以上に感じられた。


今回は、スバルWRX STI」もカスタマイズされて出展された。こちらは今回は受賞していないものの間違いなく会場で最も輝いていたWRXであったに違いない。

説明員によると、似たような仕上げの物が他社から続々と登場してきているが、すぐに色あせてしまうような塗料を使用している場合が多いとのこと。今回の出展車両に使用されているものは、数年の耐久性がある上、毎年光沢度を上げる改良を加えているので、昨年以上の輝きを実現しているとのことだ。

車両全体をカスタマイズする場合はかなりのコストがかかるが、リアスポイラー単体、ボンネット単体でのカスタマイズであれば手軽にトライできるので、この仕上がり感に共感を持った読者は検討してみてはいかがだろうか。


Kurl Japan 公式サイト
http://www.kuhl-japan.com/