マツダは、昨年12月22日に発売した『マツダ ロードスター RF』の累計受注台数が、1月23日時点で2,385台になったと発表した。「ロードスター RF」の月間販売計画は250台。


 グレード別の受注構成比は、「S」が17%、「VS」が61%、「RS」が22%、トランスミッション別ではAT(自動変速機)とMT(手動変速機)が約5割ずつとなっている。ボディカラーでは「マシーングレープレミアムメタリック」が48%と最も多く、次に「ソウルレッドプレミアムメタリック」が20%、魂動デザインの造形美をより質感高く際立たせる塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」を採用した外板色が約7割を占めている。


 「ロードスター RF」は、先代モデルで目指した「オープンカーの楽しさを身近に」という想いはそのままに、ルーフから車両後端まで、なだらかに傾斜するラインが特徴的な「ファストバック」スタイルを採用、電動格納式ルーフを採用したリトラクタブルハードトップモデルの2シーターライトウェイトオープンスポーツカー。

■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/