Honda CB1100RS/EX
昨年の10月に行われたインターモトで発売された『CB1100EX』と、よりスポーティーな味付けの『CB1100RS』。先週の1月20日に早速日本国内で発売が開始されたが、この2台は、細部を手直しして、スタイルと雰囲気を変えただけではない。それぞれが明確なキャラクターを持ち、しっかりと差別化されている。『CB1100』をスタンダードに『CB1100RS』、『CB1100EX』とバリエーションモデルをラインナップするホンダのニューCB1100シリーズに早速試乗した。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
デビューしたのは2010年のことで、13年以降は欧米市場へも進出。日本のスタンダードとも言うべき普遍的なスタイルが、ヨーロッパやアメリカでも人気になっている。 共通して言えるのは"Honda CB"ならではの伝統的なスタイルを受け継ぎ、空冷直列4気筒エンジンの造形美を追求していること。

Honda CB1100RS/EX
試乗会では、60年近いCBの歴史を代表する『ドリームCB750FOUR(1969年)』や『CB750F(1979年)』も展示され比較できたが、シルエットがより近いのはFOURの方で、Fのようなテールカウルはなく、よりトラディショナルな佇まいとなっている。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
まず乗ったのは、新登場の『CB1100RS』。アイドリングから重低音の効いた排気音を奏で迫力満点。アクセルを吹かすとこれまた気持ちの良い音で、今回(2017年1月20日発売)CB1100シリーズはマフラーを新設計の左右対称2本出しに改め、直4らしい伸びやかなエキゾーストノートを手に入れている。これは走行中もヘルメット越しに聞こえ、高回転まで引っ張り上げればこの上なく痛快な気分だ。

Honda CB1100RS/EX 旧/新 Honda CB1100RS/EX
2重管によって変色の不安を解消し、全長は70mm短くなっている。外径も最大7%細くなり、2.4kgもの軽量化を排気システムだけで実現。シルエットの凝縮感が高まり、マスの集中に貢献するのも言うまでもない。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
跨ったときに感じるエンジンの存在感が相変わらず大きく、これぞCBの大排気量モデルと改めて感銘を受ける。燃料タンクの下からシリンダーヘッドがはみ出し、クリアに景色が写し込まれるタンクの塗装といい、曲面を巧みに使ったプロポーションといい、思わず抱きかかえたくなるようなタンクまわりだ。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
RSにはローハンドルがセットされ、上半身が若干ながら前傾となる。足まわりは前後17インチで、これがなんと軽快なハンドリングを生み出していることか。腰からリーンしていくスポーツライディングの基本を忠実に操ることを意識すれば、1100ccという排気量を忘れる軽やかな動きを見せ、タイトコーナーも思いのまま。 狙ったラインを外さない、クセのないニュートラルな操作性があまりにも面白いから、誰もいない駐車場でクルクル回ってみたり、意味もなくUターンして自在に操る楽しさを堪能した。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
これは足まわりを現代的な前後17インチとしただけでなく、キャスター角を見直し、前後サスペンションやスイングアームを専用にしたことも大きく影響している。CB1100EXとのディメンションの違いは上の図で示したとおりで、RSではアルミ製キャストホイール、EXでは前後40本のオーソドックスなステンレススポーク仕様としている。
Honda CB1100RS/EX
前後サスペンションがよく働いている印象で、低速ではしなやかに動いて路面追従性が高く、乗り心地の良さに貢献。ペースを上げたときには奥でしっかり踏ん張り、コーナーでも安心してフルバンクまで車体を傾けていける。 トラクション性が高く、旋回中も落ち着いていて、たとえ路面のうねりで車体が跳ねたとしてもバタつくことなく、サスペンションが何事もなかったかのように衝撃を吸収してくれる。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
ブレーキのコントロール性が素晴らしく、微妙なレバータッチにもイメージどおりに対応してくれるのは、ラジアルマウントキャリパーがフロントに奢られているから。軽量なアルミ製スイングアームといい、足まわりの武装が走りの次元を1ランク上のステージへと引き上げた。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
エンジンは直4らしい吹け上がりに磨きをかけ、2000回転以下でも走れる低回転域での潤沢なトルクを犠牲にすることなく、レブリミッターが効く9500回転まで淀みなく回っていく。フラットな出力特性ゆえに、力強さと扱いやすさが同居しており、結果的にアクセルをどんどん開けていくことができ、RS=ロードスターのネーミングのとおりスポーティな走りが楽しめる。

Honda CB1100RS/EX
RSからCB1100EXに乗り換えると、ドッシリと落ち着いた印象となり、キャラクターがはっきりと違うことがわかった。EXにはアップハンドル仕様のTYPE1と、ローハンドルのTYPE2が設定され、今回乗ったTYPE1は上半身が起きてライディングポジションがゆったりとしたものになる。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
エンジンの味付けは低回転域のトルク感がより強調されている印象で、回転上昇がRSよりゆったりと落ち着いている。早めに高いギヤに入れてノンビリ走るのに最適なセッティングで、大排気量エンジンならではの余裕ある走りが持ち味。高回転の伸びを楽しみたくなるRSに対し、EXは低い回転でノンビリと流したくなるフィーリングだ。 これは両車を比較すればという話で、RSでまったり走っても気持ちがいいし、EXをギャンギャン回してもエキサイティングに楽しめる。CB1100シリーズが街乗りからツーリング、ワインディングまでシーンを選ばない万能型のエンジンを積んでいることは変わらない。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
ショーワ製のSDBV(デュアルベンディングバルブ)フロントフォークは共通だが、EXではよりソフトに動く専用セッティングが施され、車体のピッチングが把握しやすいネイキッドスポーツらしい昔ながらの味付けとなっている。 キャスター角がRSの26度より1度寝かせられ、直進安定性が重視されていることもあり、ハンドリングの鋭さはRSが一枚上だが、どちらを好むかは人それぞれだろう。 もちろん、前後18インチというホイールサイズも、EXの大らかなライドフィールを生み出すことに大きく関わっている。

Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
Honda CB1100RS/EX Honda CB1100RS/EX
シートも異なり、ステッチをタテ基調として軽快なイメージとしたRSに対し、EXは多層構成で厚めの表皮を用いてゆったりとした乗り味を連想させた。 また、スチール製のリアフェンダーやシートエンドに沿うようにして配置されるリアパイプは、RSではブラック塗装、EXではクロームメッキで仕上げとし差別化を図っている。 こうした細かい表現、丁寧な仕上がりはホンダならではのクオリティの高さと言えよう。手作業のバフ仕上げによるヘアライン加工が施されたアルミプレス製のサイドカバーも、撫でてみたくなるような美しさだ。

Honda CB1100RS/EX
今回はRSとEX(TYPE1)の2台を乗り比べしたが、ハンドルや外装、足まわりだけでなく、ディメンションや吸排気/サスセッティングまでも細かく変えてくるあたりがさすがはホンダであり、RSではアクセルをより積極的に開けて楽しもうと、EXではリラックスしてノンビリ流そうという気持ちが自然と湧き出てくるから面白い。 これはきっと開発陣らの狙いどおりで、マシンづくりにおけるコンセプトが明確に掲げられ、妥協を排した探求心によって突き詰められているからこそ成せるもの。

Honda CB1100RS/EX
そして両モデルとも人馬一体となる楽しさが乗っていて絶えず感じられ、長い間ずっと飽きずにつきあっていけそうな気がしてくる。何かが突出しているのではなく、ホンダCBならではの普遍的な魅力に包まれているからで、これぞ2本サスを持つオーソドックスなネイキッドスポーツであり、日本のオートバイのスタンダードであると思う。熟成し、上質感を高めたニューCB1100シリーズに死角は見当たらない。

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
・CB1100 EX<TypeI>/<TypeII>:1,338,120円
・CB1100 RS :1,378,080円
・CB1100:1,152,360円
・CB1100 E Package:1,220,400円

■Honda 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/


Related Gallery:Honda CB1100RS/EX