Movistar Yamaha MotoGP
 Movistar Yamaha MotoGPは、スペインのマドリードにあるTelefónica本社で、2017シーズンの新しいチーム・カラーを発表した。


 1月30日からのセパンテストでは、バレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスがマシンのさらなるチューンアップを進め、MotoGP世界選手権のチャンピオン奪還を目指す。

Movistar Yamaha MotoGP
 世界選手権で9度のタイトルを獲得したロッシは、2014〜2016年の3シーズンにわたりランキング2位となり、今年こそは10度目頂点を狙う。

Movistar Yamaha MotoGP
 Movistar Yamaha MotoGPのニュー・フェイス、ビニャーレスは最高峰クラスをスズキで2年間経験ししヤマハ・ファクトリーに今年から加入。昨シーズンは第12戦イギリスGPで見事、優勝を飾り、フランス、日本、オーストラリアで3位表彰台を獲得、ランキング4位となった。シーズン終了後にバレンシア・テストで初めてヤマハ「YZR-M1」に乗り、2日間ともにトップタイムをマークした。

■V・ロッシ選手談
Movistar Yamaha MotoGP
 「冬休みが終わって、チームが新しいシーズンのスタートを発表するのは非常にエキサイティングなことです。ライダーやチームだけでなく、ファンのみんなもいつも楽しみにしてくれています。僕自身も新しいシーズンのスタートが、本当にうれしい。マシンが恋しくて仕方ありませんでした! セパンで行われるテストはとても楽しみです。きっといいアイディアが浮かぶと思いますし、なにより2017年の新しいカラーリングのマシンを初めてコースに連れ出すことができるのですから。今年も、競争力を高めて毎回、優勝を目指して戦っていきます。今年は新しく、非常に強力なチームメイトを迎え、一緒にたくさんの楽しい経験ができると信じています」

■M・ビニャーレス選手談
Movistar Yamaha MotoGP
 「バレンシアとマレーシアでテストを終え、マシンを降りたあとの気分は最高でした。Movistar Yamaha MotoGPは100%のレベルにあり、自分が希望していたレベルにあると感じられました。すぐにでも上位で戦えるとわかったので、チームの全員が開幕を待ちきれないほど楽しみにしています。今日、とても美しいニュー・マシンを見て、今すぐ乗りたいと思いました。子どものころ、M1に乗るバレンティーノをテレビで観ていましたが、今は僕がチームの一員としてここにいます。まさに夢が現実になりました! とてもうれしくて、全力で挑みます。ヤマハ、Movistar、そしてもちろん、チームに心から感謝しています。彼らが温かく迎えてくれたおかげで、素晴らしいシーズンのスタートを迎えることができました。まるで家族のような感覚に、正直なところとてもびっくりしています。外から見たら非常に厳しいプロフェッショナルなチームですが、中に入ってみると信じられないくらいに居心地がいいんです。僕らをサポートしてくれるみんなに感謝しています。今年はいい年になりそうです!」


■ヤマハ発動機 公式サイト
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

Related Gallery:Movistar Yamaha MotoGP