【ビデオ】ヴィン・ディーゼルが『ワイルド・スピード』第8弾について語る動画で、新型ダッジ「チャレンジャー SRT デーモン」の姿が流出!?
ダッジが新型高性能モデル「チャレンジャー SRT デーモン」の発表に向けて、毎週計12回にわたってティーザーを公開する特設サイトが開設されてからまだ2週間しか経っていないにも関わらず、「チャレンジャー SRT ヘルキャット」からクレイジーな進化を遂げたという同車の姿が、既に流出してしまったようだ。新作映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』について主演のヴィン・ディーゼルが語る動画の中で、デーモンと思われるクルマが2台、後方に映り込んでいるのだ。せっかくダッジが3ヶ月もかけてミステリアスな雰囲気を演出しようとしていたのに、すっかり台無しだ。

動画に映った2台のクルマは、現行モデルのヘルキャットと同じフェンダー部分に、新しいエンブレムを付けているのが見て取れる。また、ホイールと大型のフードスクープは、最新のティーザー・ビデオでチラ見せした姿と同じような形状だ。果たしてこの2台が本物のデーモンかどうか、100%確信はできないが、すべての証拠が「イエス」と言っている。

【ビデオ】ヴィン・ディーゼルが『ワイルド・スピード』第8弾を語るビデオで、新型ダッジ「チャレンジャー SRT デーモン」の姿が流出!

たとえ今回の流出によってダッジの計画が台無しになったとしても、ここで実車を目にしたことで、正式発表への期待がますます高まってきた。現時点ではデーモンがヘルキャットより200ポンド(約91㎏)軽量化されたということ以外の詳細は不明で、まだ謎は残されている。現在公道を走っているクルマの中で最もワイルドでマッチョなチャレンジャー SRT ヘルキャットと「チャージャー SRT ヘルキャット」は、既に度を超えているマシンだ。しかし、さらにワイドなフェンダーフレアとコミカルに思えるほど巨大なフードスクープを備えるデーモンと比較すると、おとなしく感じられてしまうほどである。全てが明らかになる日が待ち遠しい。




By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー