シボレー「コルベット グランスポーツ」を800馬力に引き上げるチューニング・パッケージが登場!
Related Gallery:2017 Specialty Vehicle Engineering Yenko S/C Corvette

最高出力650hpを誇るシボレー「コルベットZ06」は凄いマシンだ。しかし、カリフォルニア州のチューナーSpecialty Vehicle Engineering(SVE)は、さらに一歩先を目指したようだ。いや、実際には"150歩"先をいっていると言った方が正しいだろう。同社は、コルベット・シリーズの中間に位置する「コルベット グランスポーツ」をベースに、最高出力800hpまで引き上げたチューニング・パッケージ「2017 Yenko/SC Corvette」を発表した。

SVEはコルベット グランスポーツのLT1エンジンに多くの改良を加え、Yenko/SCに搭載した。排気量は6.8リッターに拡大され、バランス取りした上で組み直されている。クランクシャフトとロッドは鍛造スチール製で、ピストンは鍛造アルミニウム製だ。エンジンブロックには、ポート加工とポリッシュ加工を施したLT1のヘッドが載せてあり、Z06のLT4エンジンから流用した燃料噴射システムと、特製スーパーチャージャーを装備。その最高出力は800hp、最大トルクは103.7kgmを発揮するという。

このエンジンは、7速マニュアルまたは8速オートマチックのどちらも組み合わせることが可能で、クーペにもコンバーチブルにも搭載できる。トランスミッションやボディ・タイプに関わらず、様々な色から選ぶことができるYenkoのストライプや、鋳造アルミニウム製のクワッドエキゾーストチップ、ディフューザー付きリアバンパー、そして内装、外装に付いているYenkoのロゴが特徴となっている。また同車はグランスポーツがベースであるため、ワイドなフェンダーや磁性流体サスペンション、ブレンボ製ブレーキ、リミテッド・スリップ・デフ、ドライサンプオイルシステムなど、全体的にパフォーマンス面でアップグレードされている。

このC7型コルベットの中でも特にクールな1台を手に入れるには、かなりの資金が必要だ。同パッケージの価格は4万6,000ドル(約527万円)で、この金額の他にベースとなるグランスポーツ本体も用意しなくてはならない。グランスポーツは最低でも6万6,445ドル(約761万円)するので、合計112,445ドル(約1,288万円)は必要になるだろう。考えてみれば、コルベットZ06はオプションを付けなければ8万445ドル(約922万円)で買えるから、そちらの方が安い。ただし、あまり長い時間は考えていられない。Yenko/SC Corvetteは50台のみの限定生産だからだ。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー