フォード、2017年型「F-150 ラプター」最後の1台をチャリティ・オークションに出品
Related Gallery:2017 Ford F-150 Raptor

自動車メーカーがチャリティ・オークションに参加する際には、新型車の量産第1号車が出品される場合が多いが、今回は違う。1月20日に米国アリゾナ州スコッツデールで行われたバレットジャクソン・オークションで、フォードは同社が製造する2017年型「F-150 ラプター」の最後の1台を出品し、157,000ドル(約1,800万円)で落札された。もちろん、F-150 ラプター自体がこれで"最後"というわけではないが、オーナーは地元で行われるCars & Coffeeに参加する際には格好の自慢のタネになるだろう。

このラプターは2017年モデルの最後の1台というだけでなく、オーナーによって選ばれる"世界に1つだけ"のペイントを纏うことになるという。オーナーには創造性に富んだカラーを選んでほしいものだ。もっとも、この形はどんな色でも似合うし、グロスブラックのようなベーシックな色を選ぶのもいいだろう。さらに、このトラックは新しいオーナー以外にも恩恵をもたらす。このラプターの売り上げは、全てチャリティ団体のJDRFに寄付され、1型糖尿病の研究のための基金となるのだ。

このオークションの締め括りに、フォードは2017年型ラプターの購入者全員に、ユタ州にあるフォード・パフォーマンス・レーシング・スクールの1日オフロード・ドライビング・プログラムに無料で参加できる権利を提供すると発表した。このプログラムは今年4月に開講するそうだ。ちなみに、プログラム自体の参加料は無料だが、現地までの交通費や宿泊費は自己負担となる。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー