VOLVO XC60 Classic
世界で一番売れているボルボ、XC60。そのファイナルエディションである「クラシック」に試乗した。
ご存じの通りここ数年のボルボは躍進著しい。V40の成功で完全に波に乗り、エンジンはこれまで培ってきた直列6気筒や5気筒ターボを切り捨ててディーゼル/ガソリン共に「4気筒のみしか作らない」と合理化を高らかに宣言。そして旗艦車種であるXC90に至っては、とうとう「スケーラブル プロダクト アーキテクチャ」(SPA)によるモジュールシャシーでの新しい門出を披露した。

T5 Twin Engine on CMA and T8 Twin Engine AWD on SPA
特にこのモジュール構造は、近年フォルクワーゲンやトヨタのような巨大企業が推し進める部品共用技術であり、年間生産台数が50万台を超えたばかりのメーカーが、大メーカーたちと同レベルのインフラを整えたその姿勢には、本当に驚くばかりである。


そういう意味で今回試乗したXC60は、一世代前のシャシー構造。ベースとなるのはセダン/エステートのS60/V60で、その登場も2008年と8年も前の話だから(日本市場導入は2009年)、普通に考えれば、ちょっと古くさい乗り味をイメージしてしまうところだ。

だがフォード傘下時代に得たプラットフォームをベースに、これをボルボ自身が煮詰めたシャシーの出来映えは今でも素晴らしく、これからSPAを推し進めるボルボにとっても、ここで得たノウハウが礎となっているとさえ感じられた。


XC60クラシックにはふたつのバリエーションが存在する。共に2リッターの直列4気筒で、ディーゼルターボを搭載する「D4」は190ps/400Nm。ガソリンターボを搭載する「T5 AWD」が245ps/350Nmを発揮し、今回は後者に試乗した。ちなみにAWDは、これまで2.5リッター直列5気筒ターボの「T5」だった。


クラシックとしての装備で目を引くのは、センターコンソールとドアパネルに備え付けられたウッドパネル。この他に本革シートやシートヒーター、パノラマガラスサンルーフなどがファイナルエディションとしての花を添え、派手さこそないが落ち着きのある室内空間を演出している。またインターネット接続機能である「SENSUS CONNECT」や、12セグ地上デジタルTVがさらなる快適性を付け加えてくれている。


しかし正直XC60で躊躇する部分があるとしたら、シャシーの古さというよりはこの一世代前のインテリアだ。特に助手席空間を広く取るダッシュボードの造形や、樹脂パッドの質感は、いくら木目パネルで化粧直ししようとも安っぽさを隠せない。これはグレード的なコストダウンの結果とも言えるが、次世代モデルでどのように変わって行くのか興味深いところである。


またXC90が9インチの縦長タッチパネルをセンターコーンソールにドーンと配置して未来感をアピールしているのに対し、こちらは横長の7インチモニターが付くのみだから、どうしても古くさく見えてしまう。XC90は上級セグメントだから直接比較するのはフェアじゃないが、次期型XC60も同様の手法でインテリアをまとめてくるのでは? と考えると、ちょっとだけ現行型の購買意欲に"待った"が掛かってしまう。


<Photo : XC90>
ただ冷静になって考えると、XC90をはじめとした現代車のインフォテイメントは、まだまだ過渡期であり中途半端。たとえばXC90のタッチパネルがどれだけ先進的かというと、その実エアコンなどの各種スイッチ類がデジタル化された程度で、操作に慣れるまでは逆にやりにくかったりもする。つまり目新しいが、使い勝手がよいかといえばそうでもないのである。そしてその目玉は「Apple CarPlay」くらいなもの。ボイスコントロール機能だってフールプルーフとは言いがたいし、インターネットによるMAP機能はまだまだ通常NAVIには及ばない部分も多い。


だからどうしても次期型が出るまで待つ必要があるか? と問われれば、「新しいものじゃなきゃいや!」という人以外は、その実そうでもないと思うのだ。現行型なら末期モデルとして値引きだって期待できるだろうし、そう考えると総合的な魅力はとても大きい。

そして何より、その走りは未だ現役。まさに、熟成の域にある。
まずXC60はシャシーが骨太で、その乗り味がどっしりと頼もしい。そしてこのシャシーが根幹となって、全ての要素に好影響を与えている。

VOLVO XC60 Classic
高速巡航では普段から直進安定性が高く、何ひとつ構えることなくリラックスしたまま高い速度で運転ができる。また追い越し加速などで強くアクセルを踏み込んだ場合でも、しなやかな足回りにして進路が乱れない。ドライ路面でAWDの恩恵は特に感じられないが、リアタイヤの駆動力が、こうした場面で黒子的に車体を支えているのだと思われる。


またコーナーでは、しっかりとしたボディに足つきのよいサスペンションが組み合わさって、適度なロールでタイヤに荷重を与えながら、実に素直に曲がってくれる。ハンドリングはシャープ過ぎ、ずダル過ぎず。ドイツ車にはないこの柔和さと、確かなロードホールディン性能の融合こそが、ここ数年のボルボの味わいだと言える。


エンジン性能は1,860kgの車重に対して有り余るパワー感とは言いがたいが、ターボの吹け上がりは軽く、心地よい。アイシン製8速ATのレスポンスはクルマまかせだと凡庸としているが、ステアリングのパドルを操作すれば変速の反応は素早く、これを駆使して走ればその巨体をキビキビと操ることができる。
ただこのシャシー性能の骨太さや、AWDの安定性が体になじむにつけ、D4ユニットの方がキャラ的にはハマるのでは? とも思えたが。


ひとつ残念なのは、装着される19インチタイヤに対してステアリング周りの剛性が低いのか、路面からの入力をビシッと封じ込めない部分。対地キャンバーが変化するなどして進路が乱れるなんてことはないのだが、路面によっては取り付け部分の歪みや振動が手に伝わって、ハンドリング的に質感の低さを感じてしまう。もっともこれは新世代のXC90にも見られる傾向であり、ボルボとしての今後の課題だと言えるのかもしれない。


ただそれもハンドルを握っている人間だけがときおり感じることで、直接的な乗り心地はしごくまっとう。エアサスを搭載するXC90のような"ふわふわライド"ではないが、コンベンショナルなダンパーとスプリングは質実剛健に路面からの入力をダンピングして、地に足の付いた乗り心地を実現してくれている。簡単にいうと、多少のごつごつ感はあっても、不快じゃない。少なくとも今回は大人ふたり+カメラ機材という、XC60にとっては軽めの積載量だったから、荷物を満載して移動するような場合は、もっとしっとりとした乗り味になるだろう。


今回の試乗で改めてXC60に乗り、ボクはこの世代で既に、ボルボが目指すハンドリングや乗り心地は、かなり高いレベルで完成されていると感じた。フォード傘下から離れたことでそのプラットフォームを自由に補強でき、シャシーセッティングにも他ブランドとのバッティングを気にせず自分たちの意向を反映させられるようになった結果、XC60のみならず全てのボルボが、今活き活きと輝いている。
もちろん技術はそういった現行モデルの良さを超えるえべく研鑽されて行くものだし、次期型XC60は当然現行型を超える性能向上を果たすのだろう。けれど、どちらかといえばSPAは、そうやって現行型で得た技術やフィロソフィーを、さらに効率的に作り上げることに注力した手段なのだと思う。


それはSPAを初めて搭載したXC90に乗っても感じられたこと。XC90の乗り味から考えると、次期型XC60が現行型を大きく超えることはないように思う。もちろんその期待を裏切ってくれれば、それは嬉しいことだけれど。


だから今現行型のXC60を手に入れても、クルマに乗り味の本質を求めるユーザーには十分以上に納得してもらえると思う。

■ボルボ・カー・ジャパン 公式サイト
http://www.volvocars.com/jp


Related Gallery:VOLVO XC60 Classic