【ビデオ】ラリーゲーム『DiRT Rally』が「PlayStation VR」に対応 コ・ドライバーモードも登場
英国のゲーム会社コードマスターズは、ラリーレーシング・ビデオゲーム『DiRT Rally』を近いうちにアップデートするとと発表した。プレイヤーとゲームを一緒に楽しむ仲間は、これまでで最も臨場感あふれる体験ができるようになるそうだ。このゲームの「プレイステーション4(PS4)」バージョンには、「PlayStation VR(PS VR)」ヘッドセットのサポートが加わるという。ビデオでも見て取れるように、仮想現実に没入できるクルマの映像や、パイクスピークからモンテカルロまで各地の美しい背景をプレーヤーは体験できる。さらに、サイドウィンドウから外を見ることも可能で、これからまさにその横を通り抜けて行く松の木が見えるわけだ。

さらにエキサイティングなのは、VRサポートで導入される新たなコ・ドライバーモードだろう。1人目のプレイヤーはVRヘッドセットを使用して運転し、2人目のプレイヤーがペースノートを"読み上げる"のだ。開発者の説明によると、これは(『ギターヒーロー』や『ロックバンド』のような)リズムゲームの部類になるようで、2人目のプレイヤーはTV画面に現れるものに応じて、プレイステーション・コントローラーの様々なボタンを押さなければならない。正しくボタンを押せば、ドライバーは丁度良いタイミングで正しい情報がもらえる。間違ってしまうと、ドライバーがコ・ドライバーをにらみつける視線がそのヘッドセット越しにもわかるだろう。

アップデートはPS4のみで、残念ながら無料ではない。この仮想体験対応コンテンツはプレイステーションのオンラインストアで購入することが必要だ。さらに、このVRアップデートを同梱した新しいボックス版も発売される予定だ。




By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー