バート・レイノルズが所有する『トランザム7000』に登場したポンティアック「トランザム」のレプリカがオークションに出品中!
映画『トランザム7000(原題:Smokey and the Bandit)』ファンの皆さんに朗報だ。1月21日(現地時間)に開催されるバレットジャクソン・オークションで、1978年型ポンティアック「トランザム」のレプリカが出品される。これは実際に映画で使われた車両ではないが、バンディットを演じたバート・レイノルズが所有していたもので、彼のサイン入りだ。さらにこのクルマは、私たちの誰もが想像するようなトランザムの走りになるように、数々の改造が施されている。


ただし、これはオリジナルのトランザムではなく、あくまでも"クローン"だ。ネブラスカにあるRestore A Muscle Car社が製作したもので、元は低グレードの「ファイヤーバード フォーミュラ」だったが、高性能グレードのトランザム並、あるいはそれ以上のクルマに生まれ変わっている。ボンネットの下には、600hp以上のパワーを発生するButler Performance社製の燃料噴射式8.2リッターV型8気筒エンジンを搭載。この大排気量V8に、TREMEC社製の5速マニュアル・トランスミッションが組み合わされている。HURST製ラインロック・システムも装備されており、バーンナウトを楽しむのには最適な1台だ。足回りにはQA1製のコイルオーバー・サスペンションを組み込んでいるため、オリジナルよりもコーナリング性能が向上しているはず。外観はストックのトランザムに見えるが、映画のクルマを真似た18インチのホイールが装着され、シェーカーフードの両サイドには"8.2"と書かれている。


Related Gallery:Burt Reynolds' 1977 Pontiac Trans Am clone

2014年には、レイノルズが所有していた1977年式トランザムが、なんと45万ドル(現在のレートで約5,170万円)で落札されたこともある。これも実際に映画に登場した車両ではなく、今回ご紹介したクルマに施されているような改造も施されていない。しかし、映画のプロモーション用として使われてからレイノルズに贈られたものだったので、多少は映画に関係していた。

アップグレードされた今回のファイヤーバードは、バレットジャクソンのカタログに"最低落札価格なし"として載っている。つまり、金額がいくらになるにせよ、オークションが終了する今週の土曜日には新しいオーナーが決まるのだ(ちみにオンラインでも入札を受付中)。




By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー