【東京オートサロン2017】ちょっとフライング!? 早くも「プリウスPHV」用カスタマイズパーツをモデリスタが公開!!
Related Gallery:TAS2017 Toyota Prius Phv Modellista

トヨタモデリスタインターナショナルは、1月13日から15日まで開催された東京オートサロン 2017で、トヨタプリウスPHV」のカスタマイズカーを公開した。通常モデリスタによるカスタマイズカーの公開は、車両の発売と同時であることが多いため、今回は少しばかりフライング気味なタイミングでの登場となった。

会場でもおそらく唯一のプリウスPHVのカスタマイズカーなだけあって、気が付いた来場客の熱い視線を浴びていた。

ちなみに、ベースモデルは、PHVコンセプトのAグレードとなっているので、市販車とは若干仕様が異なる場合があるとのことだ。


カスタマイズパーツの開発コンセプトは「最先端の車両に相応しい先進感溢れるイメージはそのままに、見る人すべての心に訴えかける情緒感をモデリスタならではのデザインで表現。エアロキットの新たな可能性がここに。」とのこと。

筆者はプリウスPHVをまだ見慣れていないせいか、どの部分がカスタマイズされているのかが、一見すると良くわからなかった。つまり、デザインにマッチしており、ベース車両のイメージのまま、存在感を高めるようなパーツデザインとして仕上げられていると言えよう。

外装では、MODELLISTA エアロキット(フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカート ガーニッシュセット)と クールシャインキット(フロントグリルガーニッシュ、ミラーガーニッシュ、サイドドアガーニッシュ)、ヘッドライトガーニッシュ、ドアハンドルガーニッシュ、LEDトップノットアンテナが装着されていた。


フィットしすぎていて、変わったことがよくわからないぐらい自然な仕上がりだが、インテリアパーツもしっかり装着されている。

インテリアでは、インテリアパネルセット、LEDルームランプセット(面発光タイプ)、LEDブルーライティングキット LEDスマートフットライトが装着されている。

その他、足回りでは、アルミホイールとしてMODELLISTA WingDancerⅦ(18×7.0J)とタイヤ YOKOHAMA BluEarth-A(215/40R18)も装着されていた。

これらのパーツは、車両の発売タイミングの2月に発売が開始される予定とのこと。人とは一味違ったプリウスPHVに仕上げたい人は要チェックだ。


トヨタモデリスタインターナショナル 公式サイト
http://www.modellista.co.jp/