2017 Honda VFR800
 Hondaは、スポーツツアラーとして定評のある「VFR800F」※1の各部の熟成に加え、装備を充実させるとともに、クロスオーバータイプである「VFR800X」のツーリングでの快適性を高めて、それぞれ1月16日(月)に発売することを発表した。

Related Gallery:2017 Honda VFR800
2017 Honda VFR800
 「VFR800F」は、開発コンセプトの「大人のスポーツバイク 〜Elegant Sport〜」を踏襲しながら、スポーツツアラーとしての装備をさらに充実。スタイリングは、エッジの効いたシャープで上質感のあるデザインを継承し、今回、ボディーカラーに新色のデジタルシルバーメタリックを加え全4色設定とした。メインフレーム、フロントブレーキディスクハブ、フロントアクスルホルダーをブラックで統一、精悍さと高級感を演出するとともに、新たに左サイドカウル部に、各種端末の電源に使えるアクセサリーソケットを標準装備し、使い勝手を向上させている。

 2017 Honda VFR800
 「VFR800X」は、ツーリングでの快適性を高めるために、装備をさらに充実させている。スタイリングは、冒険心をかき立てる、タフで洗練されたクロスオーバーデザインと存在感のある軽快なプロポーションを踏襲。フロントブレーキディスクハブ、フロントアクスルホルダーをブラックで統一し、従来のパールグレアホワイトに加え、上質感のあるキャンディープロミネンスレッド、精悍なマットバリスティックブラックメタリックを追加し、全3色の設定としている。
 左アッパーカウル部には「VFR800F」同様にアクセサリーソケットを標準装備。また、手動操作で5段階の調整が可能な、可変タイプの「アジャスタブルウインドスクリーン」を採用。

2017 Honda VFR800 2017 Honda VFR800
 さらに、「VFR800F」および「VFR800X」ともに、内部構造を3室から2室に変更した異形テーパー形状マフラーを採用し、出力向上とともにV型4気筒エンジンらしい重厚で歯切れの良い排気音に、さらには、従来モデルに比べ、コンパクト化したマフラーを車体中央寄りに配置することでマスの集中化を図り、快適な操縦性を実現している。また、利便性を高める、ツーリングに便利なETC車載器と寒冷時に役立つグリップヒーターの標準装備を継続している。

2017 Honda VFR800
2017 Honda VFR800 2017 Honda VFR800
■販売計画台数(国内・年間):VFR800F450台、VFR800X350台
■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
・VFR800F 1,382,400円(消費税抜き本体価格 1,280,000円)
・VFR800X 1,436,400円(消費税抜き本体価格 1,330,000円)

■Honda 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/