22-23 November, 2016, Anaheim, California,  USA

©2016, Michael L. Levitt
トヨタは2017年のNASCAR参戦を心待ちにしているようだ。北米国際オートショーでデザインを刷新した新型「カムリ」が発表され、併せて同車をベースにしたNASCAR参戦車両も公開された。市販車とレースカーでは、その中身の関連性は"カムリ"と描かれたステッカーよりも薄いが、少なくとも外観は、トヨタによれば、「お気に入りのレーサーが週末にドライブするレースカーと、よく似たクルマをファンが自分で運転して楽しめるように、類似したデザインの特徴を維持するようにした」とのことだ。トヨタの思惑通りにブランディングの効果が見られるかどうかはさておき、この新たなスタイリングをまとったストックカーは、2017年からレースに出場し、2016年に獲得したタイトル防衛に臨む。

2007年からカムリによるNASCAR参戦を続けているトヨタは、2015年に初のドライバーズ・チャンピオンを、そして翌年にはマニュファクチャラーズ・チャンピオンを手中に収めている。



この新型カムリのストックカーは、来月のデイトナ500でデビューすることになっているが、市販車の発売はもっと遅く2017年後半、夏頃になる予定だ。クルマ全体が刷新される市販車に対し、ストックカーの方は"ガワ"を新しく作り替えるだけなのでそれは仕方ない。新型NASCARカムリを走らせるのは、ジョー・ギブス・レーシング、ファニチャー・ロー・レーシング、そしてBKレーシングの3チーム。ドライバーは、昨年から引き続きカイル・ブッシュ選手とデニー・ハムリン選手の2名がすでに決まっている。新たなルックスのカムリで、彼らは今年も素晴らしいレースを展開してくれるだろう。


By Alex Kierstein
翻訳:日本映像翻訳アカデミー