SUZUKI GSX250R
スズキは、250ccの新型ロードスポーツバイクGSX250R」を4月17日より発売する。

「GSX250R」は、2016年11月にイタリア・ミラノショーで発表したロードスポーツバイクのグローバルモデルで、水冷2気筒248cm3エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上を図り、街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性(最高出力18kW/8,000rpm、最大トルク22Nm/6,500rpm)と燃費性能(41.0km/L)を実現、平成28年国内新排出ガス規制にも対応。「アーバンアスリート」をコンセプトに、都会や郊外を颯爽と駆け抜ける姿をイメージしたスタイリングは、テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合するスポーティーなデザイン、スズキのスポーツバイクの特長である、ヘッドライト左右に配置した吸気口とポジションランプ、スポーティーな一本出しマフラーとし、セパレートタイプのハンドルバー、前後分離式シート、専用セッティングを施したフロントフォークと7段階調整式のリヤサスペンションなどを採用し、快適なライディングポジションを実現。 2016年12月より中国で販売を開始し、2017年4月より日本、欧州をはじめ販売国を拡げる。

「GSX250R」の年間目標販売台数は、2,500台、希望小売価格(消費税込み)527,040円。

■スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/


Related Gallery:SUZUKI GSX250R