【北米国際オートショー2017】シボレー、広い室内空間と力強い外観を備えた新型「トラバース」を発表
Related Gallery:2018 Chevrolet Traverse: Detroit 2017

販売開始から約9年の時を経て、シボレーはついに今月8日から開催されている北米国際オートショーで新型「トラバース」を発表した。相対的に言えば、この9年でライバル勢は大半が少なくとも1回はモデルチェンジを行ったため、現行モデルのトラバースは型落ちとなったのだ。新型トラバースは米国で今秋に発売される予定だ。

これだけ長い期間、販売されているにも関わらず、トラバースの売り上げは堅調を維持しており、2008年10月の発売から83万台以上が販売されている。新型トラバースのトリムは7種が用意され、RSを除くすべてのトリムにゼネラルモーターズ(GM)製3.6リッターV6エンジンと新型9速ATが搭載される。このエンジンは最高出力305hp、最大トルク35.9kgmを発揮する。

新たに設定された「トラバース RS」は、ブラックで統一されたスポーティなトリムや名前にも関わらず、パワートレインは直列4気筒ターボのみとなる。駆動方式は前輪駆動で、最高出力255hp、最大トルク40.7kgm。確かにトルクはV6エンジンに勝るが、我々としてはフォードの3.5リッター「エコブースト」エンジンを搭載する「エクスプローラー スポーツ」の衝撃的な機敏性に対抗できるほどのモデルを期待していたので残念だ。

その他のトリムは、現行モデルから引き継ぐLS、LT、プレミアが並び、最上級トリムとして新たにハイ・カントリーが設定された。このモデルにはLEDヘッドライト、レザーとスウェード張りのシート、電動折り畳み式の3列目シートが装備され、ツインクラッチ式全輪駆動システム「アドバンスドAWD」が標準となる。全輪駆動(AWD)はRS以外のすべてのトリムで選択可能。シボレーとしては、現行モデルと同じようにAWDが選択されるのは40%ほどとみている。


Related Gallery:2018 Chevy Traverse

トラバースは現行モデルもクロスオーバー・セグメントで有数の室内空間の広さを誇るが、新型モデルは2列目、3列目シートに更なる空間を確保している。ホイールベースを延長したことで、3列目がタイヤの真上に座らない設計となり、座席後部のカーゴスペースも拡大された。ミニバンでは乗り込みづらい3列目シートも、2列目がチャイルドシートを付けたままでも前にスライドするのでスムーズに座れる。これは、まだ家族が増える可能性のある家庭には朗報だろう。さらに、収納場所が車内の至る所にあり、おやつやサングラス、スマートフォンなどの小物類も整理できる。

デザインは切望されていたアップデートが施された。現行モデルは数年前にリフレッシュされたが、それでもライバル車や他のシボレー車と比べると遅れている印象があった。しかし、新型トラバースは力強い外観となり、フルサイズSUVの「タホ」や「サバーバン」からデザインのヒントを得たと思われる個所も見られる。フロントは、現行モデルと同様でシボレーらしいデザインだが、リアから見たらフォード「エクスプローラー」と勘違いしてしまうかもしれない。

内部には、シボレーが提供する最新かつ最良の技術が採用されている。「My Link」インフォテインメント・システムは、7または8インチのタッチスクリーンを装備し、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応、4G LTE WiFiホットスポット機能も搭載し、3列のシート全てにUSBポートが備わる。サラウンドビューカメラ、車線逸脱警告装置、歩行者対応自動ブレーキ、前方衝突防止警告装置など、安全性に関する多数のオプションも用意されている。

AWDシステムはリアアクスルを切り離すことが可能となっており、燃費を向上させている。FWDモデルは、3.6リッターV6エンジンが市街地18mpg(約7.6km/L)、高速道路25mpg(約10.6km/L)、2.0リッターターボエンジンが市街地20mpg(約8.5km/L)、高速道路23mpg(約9.8km/L)だ。複合モードとAWDモデルの燃費は公表されていない。

トラバースがタホの売り上げを奪ってしまう可能性も考えられるが、シボレーの広報担当者によると、この2モデルで重なる購買層は多くないという。タホのオーナーは牽引力が大きく、丈夫でトラックのようなクルマを求める傾向にあるとのこと。一方で、トラバースはタホよりも穏やかで、乗用車寄りだ。

また、同社はトラバースと「エクイノックス」の間に入り込むようなクロスオーバー・モデルの可能性も示唆した。これは第2世代で小型化されたGMC「アカディア」をベースとするクルマになる可能性が大きい。先代のアカディアはプラットフォームをトラバース、ビュイック「アンクレイブ」と共有していた。来月には、さらに詳しい情報が入ってくるだろう。



By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー