間もなく公開!! 日産の「東京オートサロン」注目モデルを紹介!!
Related Gallery:2017 Nissan TAS

日産と同社の関連会社であるオーテックジャパン、およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は、1月13~15日に開催される「東京オートサロン2017」に新しいカスタマイズの世界を提案するモデルを出展する。そこで、今回注目されるであろうモデルを紹介しよう。

オートパイロットで注目を浴びているミニバンの「セレナ」には、スポーティースタイルのハイウェイスターをベースに、よりプレミアム感とスポーティ感を向上させるアイテムを配した参考出品車として、「ハイウェイスター・プレミアムスポーツコンセプト」が登場する。

落ち着いたブラックのボディカラーにインテリアと共通のブロンズカラーをアクセントとして効かせ、1クラス上のプレミアム感を表現している。

エクステリアでは、ボディ下部を貫くブロンズアクセントが低重心な安定感を、アグレッシブに張り出したフロントプロテクターや大径ホイールがスポーティ感を演出。さらにインテリアにはキルティングやパイピングを施した高級感あるブラウンカラーのレザーを採用することで上質感あふれる移動空間に仕上げられている。

この他、セレナでは、オーテックジャパンが手がけた「ライダー」も展示される予定だ。


1957年の誕生以来、日本を代表するセダンとして存在し続け、2017年で生誕60周年を迎える「スカイライン」。そのスカイラインには、よりプレミアム感と存在感を向上させるアイテムを配した参考出品車の「プレミアムスポーツコンセプト」が登場する。

鍛え抜かれた走りを予感させるカーボンエアロパーツを装備し、外観のクロームパーツをよりスポーティなダークカラーで統一しマットカラーとのコントラストを高め、更にリアビューを引き立てる専用エグゾーストを装着することで、一つ上の存在感を演出している。

一方、インテリアは誕生60周年を記念して発売された「60th Limited」同様、セミアリニン本革シートを全席に、オープンポアウッドをトリムに採用し、上質な室内空間となっている。スカイラインファンは要チェックだ。


販売台数NO.1 を獲得した人気の「ノート」では、 NISMO専用にチューニングし、高揚感のある加速を実現するe-POWER Driveシステムを搭載し、スポーツドライビングへの機能と快適性を追い求め、専用スエード調スポーツシートをはじめ、専用ボディ補強や専用サスペンションなどを採用した「e-POWER NISMO」。

専用デザインのフロントマスクを採用し、各所にメタル調フィニッシュを配した優美なエクステリア、そして専用インテリアは明るい「グレージュ」と、シックな「ブラック」から自由に選択できる「e-POWER Mode Premier」 が、通常モデルではあるが、出展される予定だ。

その他、GT-R、フェアレディZ、ジューク、マーチ、リーフのカスタマイズカー、レースカーの出展、グッズの販売も予定されている。日産の最新のカスタマイズが気になる読者は是非東京オートサロンの会場でチェックしてみよう。


日産 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/