EICMA 2016
 気軽に扱える400cc以下のラインナップが多数登場している。それも、スーパースポーツから、ネイキッドタイプ、さらにはアドベンチャーともいえるデュアルパーパスにまで広がりを見せている。気軽だけど装備はしっかり。使い切れる、とことん遊びつくせる機能が詰まっている、多彩な魅力が詰まったラインナップだ。

Related Gallery:EICMA 2016 UNDER400 & Scooter

■軽量サイズのアドベンチャーが人気沸騰中
EICMA 2016
ーBMW Motoredからは、昨年発表されたG 310 Rに「G 310 GS」が仲間入り。

 体力的にも辛くなったけど冒険したいオヤジ向けなのか、若者を取り込む作戦なのか、小排気量のアドベンチャーモデルがいくつか登場した。アドベンチャーモデルといったら、一般的には走派性が高いけれども重くて取り回しが大変・・・といったイメージ。しかし、400cc以下の排気量だったら、そんな取り回しの大変さが軽減され、気軽に乗り出せる。近所の買い物といったチョイノリから、本格的な冒険まで軽快に楽しめるジャンルとして、日本でも人気が出そうな予感がする。どちらにしてもバイク乗り的にはウェルカムな傾向だ。

EICMA 2016 EICMA 2016
ーKAWASAKIからは「Versys-X300」(左)、SUZUKIからは、「V-Strom250/ABS」(右)が登場。

EICMA 2016
ー本格的な冒険が楽しめる、Honda「CRF125 RALLY」もいよいよ発売間近!?


■ロードモデルは軽量軽快に!
EICMA 2016 EICMA 2016
ーよりアグレッシブで"らしい"スタイリングに生まれ変わったKTMの「390 & 125 DUKE」。

 400ccだからといって、性能や造り込みが見劣りしない、400ccという使い勝手の良さといった特徴を活かしているのが、新しく登場したモデルたちの特徴。大型免許を持っていたって、乗りたい、欲しいと思わせるスタイリングに仕上げられているのが何よりも魅力だ。


EICMA 2016 EICMA 2016
ー「リアル・ストリートバイク」として登場したHusqvarnaの「 VITPILEN 401 & SVARTPILEN 401

EICMA 2016EICMA 2016
ースポーティーなカラーリングで登場したSUZUKIの「GSX250R & GSX-S125」。

EICMA 2016 EICMA 2016
 モデルチェンジを果たしたKTMの125 & 390DUKEには、スマホと接続可能なフルカラーのTFT液晶を搭載するなど、最新の技術が搭載されている。今までだったら、小排気量はコストを抑えるためにか、そういった装備から省略されてきたが、これからは逆に、使い勝手の良さや機能面の充実を図るための装備を搭載して行きそうな予感もする。日本も負けられないぞ!


■ヨーロッパはスクーター天国!
EICMA 2016
 日本でスクーターというと、まだまだやんちゃな子どもが乗るイメージが強いのだが、ヨーロッパだとスクーターは、完全にオトナの乗り物。シティーコミューターとしてミラノの街はスクーターだらけ! たくさん走っている&駐車してある姿を見かけた(2輪の駐車場がもかなり整っているという事情もあるのだが・・・)。そんな市民の足として欠かせないスクーターも色とりどりに多数登場している。新TMAXからオフロード嗜好のX-ADV、電気スクーターに加え、カスタムもイタリアらしく、ポップだったりオシャレだったりさまざま。日本とは違うスクーター事情に圧巻・・・。

EICMA 2016
ーヨーロッパで大人気のスクーター、YAMAHA「TMAX」。

EICMA 2016 EICMA 2016
ーオフロードにも行ける! 初のアドベンチャータイプのスクーター、Honda「X-ADV」。

EICMA 2016 UNDER400 & Scooter EICMA 2016 UNDER400 & Scooter
ー欧州で人気のHondaの「VISION」と「SH125i」もモデルチェンジ!

EICMA 2016 EICMA 2016
ーオトナのための、ラグジュアリーなスクーター。SUUZUKI「BURGMAN400」。

EICMA 2016 EICMA 2016
ーVespa「946 RED」(左)と、Vespaの電動バイクVespa Elettrica(右)

EICMA 2016
ーイギリス初のクラシカルなスクーターメーカー。Scomadi TL200(日本未導入メーカー)

EICMA 2016 EICMA 2016
ーベスパもこんなにポップに レーシーにカスタムできる!? ボローニャ発パーツメーカー「MALOSSI」。


EICMA 2016
 また、そんなスクーター需要に応えるように、なんと、ペットキャリーの展示も! その名も「Pet On Wheels」。10kgまでのペットに対応とのこと、日本では「Motorimoda」にて取り扱われている。

 ヨーロッパのスクーターは性能はもちろん、どちらかといったらラグジュアリー指向。クラシカルにオシャレに楽しむか、シティコミューターとしての足の役割を重視するか、用途がはっきりしているのだ。
道路事情や、駐車場問題が解決してくれたら、日本のスクーター事情ももう少し変わってくるだろう。シティーコミューターとしての機動力は侮れないのだ!

■BMW Motorrad Japan 公式サイト http://www.bmw-motorrad.jp/jp/ja/index.html
■カワサキモータースジャパン 公式サイト https://www.kawasaki-motors.com
■スズキ 公式サイト http://www.suzuki.co.jp
■Honda公式サイトhttp://www.honda.co.jp/
■KTM公式サイト http://www.ktm-japan.co.jp/
■ハスクバーナ モーターサイクル公式サイト http://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/
■Vespa公式サイト http://vespa-japan.com/
■Scomadi公式サイト(英語)http://www.scomadi.com/
■malossi公式サイト(英語)http://www.malossi.com/en/
■Motorimoda公式サイト
www.motorimoda.com/