SUBARU WRX/WRX STI
 富士重工業は、2017年北米国際自動車ショーにて、2018年型「WRX/WRX STI」(米国仕様車)を出展する。


 WRXシリーズは、4ドアセダンの実用性と圧倒的なスポーツ性能を兼ね備えた個性的なスポーツセダンとして、スバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴するモデル。今回の改良は、走行性能・安全性能・実用性といった、WRXシリーズやスバル車ならではの価値の更なる進化を追求した。 WRXシリーズに求められる高い走行性能については、サスペンション設定の最適化等により、優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を更に向上。WRX STIには新電子制御マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)等を採用し、WRXシリーズのトップグレードに相応しい走行性能を実現した。ステアリング連動ヘッドランプやオートビークルホールドの採用により、安全性能や実用性も進化した。

Related Gallery:SUBARU WRX/WRX STI

 エクステリアは、スバルアイデンティティを従来以上に強調した新造形のLEDヘッドランプとフロントグリル、大型化したフロントバンパーグリルの採用によりフロントフェイスを刷新し、よりスポーティかつアグレッシブなデザインとし、WRXに新開発の18インチアルミホイールを採用、WRX STIには新開発の19インチタイヤ・アルミホイールを採用した。
 インテリアは、ブラック調パーツをドアスイッチパネル等の随所に採用し、フロントシートに、レカロ社製電動パワーシートをスバルとして初採用した。


 シャシーは、サスペンション設定の最適化により、優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を更に向上。WRXの電動パワーステアリングの制御を最適化し、より自然で滑らかな操舵フィーリングを実現した。また、電動パワーステアリングのモーターとECUを一体構造化することで、軽量化も実現している。
 WRXは、レッドカラーのブレーキキャリパーとユーリッド製ブレーキパッドを採用し、ブレーキ性能を向上した。WRX STIは、イエローカラーのキャリパーを含む新型ブレンボ製ブレーキを採用。モノブロック構造のフロント6ポット/リヤ2ポットの対向ブレーキキャリパーにドリルドローターを組み合わせ、高い制動力と耐フェード性能を実現している。

■富士重工業 公式サイト
http://www.subaru.jp/