【ビデオ】カナダの騎馬警官が、疾走するピックアップトラックの荷台で人命救助!
王立カナダ騎馬警察(カナダ連邦政府警察)の警官が、フェンタニルを過剰摂取した若い男性を命がけで救った動画が、昨年末に公開された。

CBCによると昨年9月、とあるドライバーがカナダ連邦の警察官を、アサバスカ43番街の高速道路55号線で止めた。警官を止めた女性は、彼女のピックアップ・トラックに乗っている男性が、フェンタニルを過剰摂取したため助けが必要だと伝えた。警官が急いで男性の容態を確認したところ、反応も脈もないことが分かった。

アサバスカの王立カナダ騎馬警察官であるローレル・スコット氏は、昨年12月のCBCによる取材で「彼は息をしていなかった。彼は苦しんでいて、それが薬のせいなのは明らかだった」と語った。

警官はためらうことなく、すぐさま男性の救助にあたった。「彼の状態を確認したところ、すぐに病院に連れていく必要があると分かった」とスコット氏は話している。

警官が過剰摂取した男性の救助にあたっていると、別の女性がクルマを止め、その男性が乗っていたトラックにぶつかってしまったことを伝えに来た。彼女は男性が苦しんでいるのを見ると、すぐに道路の脇で心肺蘇生を始めた。警官とその女性はトラックの荷台に男性を乗せ、病院へ急いで向かう間にも、心肺蘇生やその他の人命救助を続けた。幸いにもこの男性は、警官や女性ドライバーの迅速な行動のおかげで生命の危機を乗り越え、完全に回復することができたという。

「病院からの話によると、私と後からやって来たドライバーによる救助は、男性の命を救うにあたって、大変役に立ったそうだ」とスコット氏は語った。


By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー