【ビデオ】初雪が降ったモントリオールの坂道で、バスや除雪車まで含む玉突き事故が発生!
今シーズン最初の大雪が降ったカナダ・モントリオールで、ドライバーたちはスローモーションのような玉突き事故に見舞われた。カナダの公共放送CBCは、路面が凍結して滑りやすくなったせいで、自動車とバスだけでなく、除雪車までもが次々と衝突したと報じている。

近隣のオフィスビルから目撃していた人たちによれば、クルマが次から次へと道路を滑り落ちて、停車中の車両の一団に追突したという。最初に市バスが衝突し、次にハシゴを積んだ白のフォード「F-150」がこの市バスにぶつかると、さらに別の市バスがこの気の毒なトラックを後ろからサンドイッチにしてしまった。すると今度はモントリオール警察のダッジ「チャージャー」が後ろ向きに坂道を滑り落ちてきて、このバスにぶつかってようやく止まったかと思ったら、気の毒なこのパトカーは次の瞬間、制御不可能となった除雪車に激突されてしまう。この動画はインターネットに投稿されると、瞬く間に大勢が閲覧することとなった。

グリーンと白にペイントされたデリバリートラックや他の数台のセダンは運よく事故を避けたが、それでもツルツルの路面を為す術もなく滑っていく。現場近くで働いている男性はCBCの取材に対し、路面が非常に滑りやすい状態であったことと、事前に降雪予報があったのに、このような多重事故が起きたので驚いたと話している。

「この道路は傾斜がきついから、市が前もって塩をまいておくとか、道路を封鎖するとか考えつかなかったのだろうか」と彼は語った。



By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー