俳優サン・カンの「ダットサン 240Z」が、ホットウィールからミニカーになって発売!
Related Gallery:Hot Wheels Fugu Z

マテル社のミニカー・ブランド「ホットウィール」が、マグナス・ウォーカー氏と提携して彼のポルシェをモデルにしたミニカー・シリーズを発表したことは4月にお伝えした。そして今月末には、また別のカリスマ的チューンドカーが米国の玩具店等に並ぶ予定だ。映画『ワイルド・スピード』でお馴染みの俳優サン・カンが「ダットサン240Z」をカスタマイズした「Fugu Z」が、ミニカーになって発売されるのだ。しかも、僅か1.09ドル(約128円)という価格で買うことができる。

このミニカーは、ワイドなボディキットや後付けのオーバーフェンダー、ボンネットに装着されたフェンダーミラーなど、実車を忠実に再現している。リアにはオリジナルと同じ「Fugu Z」のエンブレムや、このクルマの製作に携わったアフターパーツ・メーカーのGreddy(日本名:株式会社トラスト)による許可を表すナンバープレートも付く。内装も見事な仕上がりで、プラスチック製の小さなロールケージがちゃんと装着されている。再現されていないのは自然吸気直列6気筒「RB」型エンジンくらいだが、このミニカーはボンネットが開かないので、そこは目を瞑ろう。

#FuguZ rising... @hotwheelsofficial

sung kangさん(@sungkangsta)が投稿した動画 -


ここまで完成度が高いのは、2015年にサン・カンがホットウィール本社を訪れたことも大きいだろう。Instagramに投稿された、彼のミニカーが作られる様子を撮影した上の動画をご覧いただきたい。当時、『Fansided』の『Art of Gears』でこのミニカーが取り上げられた際には、これが通常モデルあるいは限定モデルとして発売されるのかどうか、明らかにされていなかった。しかし、それから1年以上が過ぎ、幸運にも製品化が実現したのだ。今後もホットウィールの動向に注目したい。もしかしたら、サン・カンのフォード「マヴェリック」の製品化も期待できるかもしれない。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー