これほど露骨なのは久しぶりだ。いわゆる姉妹車となるトヨタ「タンク&ルーミー」、ダイハツ「トール」は、誰がどう見てもスズキ「ソリオ」の独壇場となっている市場に入り込もうとしたモデルである。


 もちろん、競争の世界だからそれ自体はいい、というよりむしろ歓迎すべきことだ。しかし見ての通り、全長差たった10mmという寸法やパッケージングには、オリジナリティは非常に希薄だ。チーフエンジニアは、「ソリオ」は検証はしたが、決してそれを見て作ったわけではなく、市場のニーズに応えただけだと言うのだが・・・・・・。開発期間1年半。突貫工事で投入されたソリオ・キラーの実力はいかに?

DAIHATSU THOR TOYOTA TANK
 「ソリオ」より10mm短い3700mmの全長に対してホイールベースは10mm長い2490mmに。そして全幅は1670mmと、45mm広くなっている。この全幅、こちらもデザイナーの要望に応えて当初の予定より10mm増やしたのだという。前後席間の距離は「ソリオ」より大きく、後席のスライド幅は実に240mmを確保。リクライニング角度は70度に達し、前席のヘッドレストを外して背もたれを倒せば、ほぼフルフラットに近いスペースを生み出すことができる。ちなみに「ソリオ」の後席リクライニング角度は56度。よく研究されている。

DAIHATSU THOR TOYOTA TANK
 室内幅は寸法上は広いはずだが、左右席間の距離にはほとんど差が無く、しかもセンターフロアトレイが備わるおかげで、ウォークスルーはむしろしにくい。


 一方でLの紙パックにまで対応したカップホルダー、乗り込みしやすい大型のアシストグリップ、空いている隙間すべてを活用したかのような細かな収納の数々など、日常的な使い勝手への配慮は行き届いている。後席用のヒーターダクトの装備も重宝されるに違いない。


 運転環境を見ると、センターメーターナセル内にはTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイがセットされている。時計やシフトインジケーター、オド&トリップメーターに燃費などの情報の他に、ナビ無しの車両ではパノラミックビュー(ルーミー&タンク)、パノラマモニター(トール)と呼ばれるクルマを真上から見たような映像の表示もここで行われる。それだけじゃない、オープニング画面ではここにキャラクターのアニメーションまで表示されるのだ。「子どもが乗る機会も多いので」ということだが・・・・・・。


 荷室の広さも、やはりソリオ以上。床面が低く抑えられていて、積み込みも容易になっている。自転車などを積み込む際に汚れを気にしないで済む防汚シートも備わる。このセグメント、雨の際などに塾帰りの子どもを自転車ごとピックアップできるのが、とても重要な性能になっているのだ。

Related Gallery:DAIHATSU THOR TOYOTA TANK

 ファン・トゥ・ドライブが期待されるクルマではないだろうが、こういう用途のクルマだからこそ安心感ある走りはマスト。その辺りはどうかと言えば、まずフットワークは好感触と言える。基本設計は「パッソ」と共通ながら、左右スライドドアに大開口のバックドア、しかも背高というパッケージングに対応するべく、ボディはサイドシルが太くされ、横方向にも何本ものメンバーが追加されていて、大幅に剛性が高められている。おかげでボディのしっかり感は「ソリオ」以上。サスペンションは硬めで、舗装が荒れていると厳しい面もあるが、速度を上げても十分な安心感が得られる。

DAIHATSU THOR TOYOTA TANK
 ステアリングの応答性も素直で、交差点を曲がるだけでも明らかに"軽とは違う"と実感させてくれる。これ、ユニットは「パッソ」と共通で、違うのは制御だけだという。「パッソ」の中立がぶらぶらで頼りないステアリングも、ちゃんと仕事をすれば、これに近づけられるはずというわけだ。

DAIHATSU THOR TOYOTA TANK
 メインのパワーユニットは直列3気筒1.0L自然吸気エンジン。最高出力69ps、最大トルク92Nmというスペックだけに力強さを期待できないのは解っていたが、非力さを隠すためアクセルを踏み込むとすぐに大きく開くスロットルのおかげで発進はいつも飛び出し気味になるし、加速時にはエンジン音が騒々しく、とても快適とは言い難い。静粛性にはかなり配慮したといい、確かに巡航時には室内、そんなにうるさくないだけに、加速時の騒音が却って目立つ。

DAIHATSU THOR TOYOTA TANK
 同じ1.0Lのターボエンジンも用意される。こちらは最高出力98ps、最大トルク140Nmと格段にパワフル。確かに加速は悪くないが、いかにもCVTらしくレスポンスには一体感が薄く、全開と全閉を繰り返すような走りになりがちなのが引っ掛かる。絶対的な加速よりも実用域の扱いやすさを、もっと重視してほしい。


 ちなみにライバル、「 ソリオ」はマイルドハイブリッド版の1.2Lエンジンでも最高出力91ps、最大トルク118Nmに達する。しかも車重は2WDで950kgに過ぎない。


 対する「タンク/ルーミー/トール」は、一番軽いグレードで1070kgと実に120kgも重いのだから走りの余裕に大きな差がつくのは当然だろう。いくらボディがしっかりしていると言っても、この差は大き過ぎる。「パッソ」をベースにした結果だ。


 この差は燃費にも大きな影響を及ぼしている。「タンク/ルーミー/トール」のJC08モード燃費は24.6km/L。ソリオ」はマイルドハイブリッドでも27.8km/Lを達成しているのである。更にターボになると燃費は21.8km/Lに。「ソリオ ハイブリッド」が上記の1.2Lエンジンに電気モーターの13.6ps、30Nmをプラスした上で燃費32.0km/Lを実現していることを考えると、コンセプトも実利も見劣りするのは事実だ。


 開発陣は「燃費は敢えて追わなかった」と言うが、まあそれは言い訳だろう。仕方ない面があるのは解るが、ユーザー目線の言葉ではないように思う。


 先進安全装備としては、レーザーレーダーと単眼カメラをセンシングに用いる衝突被害軽減ブレーキなどをセットした、スマートアシスト2が設定されている。わずか3週間後に発表された新型「タント」にステレオカメラを使い、衝突回避支援ブレーキの作動速度域が高まり、歩行者検知も行なうなど進化したスマートアシスト3が採用されており、こちらを間に合わせてほしかったところだが、将来的には搭載も検討しているとのことだった。

DAIHATSU THOR TOYOTA TANK
 開発の現場は、それぞれできることを最大限にやっている。パッケージングも走りも悪くない。問題は「ソリオ」のヒットを横目に、ありあわせの素材を使って、たった1年半の開発期間で作って出すというコンセプトにある。その弊害が燃費には端的に出ているし、何よりそれなりに機能は満たしたとしても、クルマづくりとしては感心しないなというのが率直な印象なのだ。

■トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp

ダイハツ 公式サイト
http://www.daihatsu.co.jp/