フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、来年1月13日から15日まで千葉県幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2017」に4台のコンセプトカーを出展すると発表した。

「LED照明演出により空間が幻想的に彩られる」というフォルクスワーゲン・ブースには、人気のホットハッチ「ゴルフ GTI」をベースに日独のチューナーが手掛けた2台のコンセプトカーが展示される。1台はVW車を使ったモータースポーツ活動やチューニングで知られる日本のCOXが「排気系と足回りに磨きを掛けるアイテム」を装着したというチューニング・コンセプト「ゴルフ GTI Tuned by COX」。そしてもう1台は、1946年に創立されたドイツの老舗チューナー、Oettinger(エッティンガー)がフォルクスワーゲン本社のアクセサリー部門と共同で開発したエアロパーツを装着し、走行中の整流効果を高めるとともにスタイリングで差異化を図る新たなカスタマイズを提案するというドレスアップ・コンセプト「ゴルフ GTI Tuned by Oettinger」だ。他にも「The Beetle」のエントリー・グレードに純正アクセサリーだけを装着して、ここまでレーシーにカスタマイズできるということを表現したという「The Beetle Racer Version」など、計4台が出展される。

ブースには車両以外にも、2016年の全日本F3選手権シリーズでエンジンチューナータイトルを獲得したフォルクスワーゲンモータースポーツによる2.0リッター直列4気筒DOHCエンジンや、COX製チューニング・パーツも展示。フォルクスワーゲン アカデミー専任トレーナーによるカスタマイズに関するプレゼンテーションも行われる予定だ。

日本初公開の商品も含まれるというオフィシャル・グッズの販売では、フォルクスワーゲン オーナーズ パスの会員なら20%OFFで購入できるとのこと(パスの提示が必要なので来場される際にはお忘れなく)。また、会場でアンケートに回答した方には「東京オートサロン限定フォルクスワーゲン オリジナル缶バッジ」がプレゼントされ、さらに抽選で東京オートサロン限定の「Happy缶」が当たる。純正オイル用缶の中にグッズ等が詰まった「Happy缶」は、フォルクスワーゲン関係のイベントではあっという間に売り切れる人気アイテム。プロ・ドライバーが操る「ゴルフ R」のサーキット走行を運転席からバーチャル・リアリティ体験できるコーナーも用意されるそうだ。

また、屋外の特設コースでは、ゴルフ R COX仕様コンセプトカーの走行デモンストレーションが行われたり、近隣のZOZO マリンスタジアム(旧 QVC マリンメッセ)外周路・駐車場で開催される「体感!カスタムカー同乗試乗会」にも足を伸ばせば、ゴルフ R エッティンガー仕様コンセプトカーの同乗体験もできるという。

フォルクスワーゲンのチューニングでは昔から有名なCOXやエッティンガーが、最新のゴルフをベースにどのようなチューニングを施すのか、現在のオーナーはもちろん、かつてご自身の愛車をカスタマイズして楽しまれていた方も気になるのではないだろうか。東京オートサロンとフォルクスワーゲンの出展に関する詳しい情報については、以下のURLから公式サイトをどうぞ。


フォルクスワーゲン 東京オートサロン特設ページ
http://web.volkswagen.co.jp/ja/volkswagen/events/2016/1222/

東京オートサロン 公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/2017/