Uber、自動運転車の公道テストに「許可を取る必要はない」と主張
オンデマンド配車サービスのUberは、14日に自動運転タクシーのパイロットテストをサンフランシスコで開始したばかりだが、これがすでに物議を醸している。カリフォルニア州陸運局(DMV)は自動運転車のテスト走行には許可が必要だと警告している一方、Uberはその必要はないと主張している。もっとも、これまで法規制にとらわれずビジネスを展開してきた同社ならそう考えるだろう。同社の自動運転車プロジェクト責任者であるアンソニー・レバンドウスキー氏は「現在の自動運転車の州法に対するDMVの解釈には謹んで反対します。特に、サンフランシスコで行う自動運転車のテスト走行に許可がいることに関しては賛同いたしかねます」と述べている。

Uberの見解としては、同社の自動運転車は人間のドライバーが乗車した状態でテストを行うため、他社でも広く行われているドライバー補助機能のテストと違いはないというものだ。一方のカリフォルニア州は、テクノロジー情報誌『Wired』が報じたところによると、この問題に関して州司法長官に訴えているというが、この後の展開は不明だ。市長は「市は、DMV、州の官職、市の司法当局と協力し、州法の規制強化を図るあらゆる手段を模索しています」と声明を出している。必要とあれば、州は差止め請求や、Uberの自動運転車の登録を取り消すことも可能だ。今後の動きに注目したい。

注:この記事は、米国版『Engadget』に掲載されたRichard Lawler記者による記事を転載したもの


By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー