ランボルギーニ、フラッグシップの新世代モデル「アヴェンタドールS」を発表
ランボルギーニは19日、フラッグシップ・モデル「アヴェンタドール」をさらに進化させた新世代型「アヴェンタドールS」を発表した。

フロント・ノーズとサイドシルは、2015年に発表された限定モデル「アヴェンタドールSV」に似た形状に変更され、空力性能と同時にパワーユニットの冷却効率も高められたという。リアはテールランプ周りのパネルがブラックになり、ディフューザーの改良に合わせてエキゾースト・テールパイプがコンパクトにまとめられている。排気管自体の数も従来の4本から3本に減らされた。リア・フェンダーの上に追加されたインテーク・ボックスがかつての「カウンタック」を思わせる。ボディ・デザインの変更によって、フロントのダウンフォースは130%も増加したという。




その中身も大幅に進化した。まず、ランボルギーニのシリーズ・モデルとして初めて4輪操舵システムを採用。ステアリングの操作に合わせて、街中や駐車場などの低速では後輪が前輪と逆向きに曲がることでより小回りが効き、高速走行時には前後輪が同じ向きに操舵され、車体の安定性が向上する。サスペンションには、アヴェンタドール SVや「ウラカン」と同様に、磁性流体ダンパーを使った「磁気レオロジー・サスペンション(LMS)」が採用された。さらに、前後輪に駆動力を配分する4輪駆動システムや、粘性の検知度が高まったというESC、3段階に可変するリア・ウイングを備えたアクティブ・エアロダイナミクスなども含め、上記の電子制御システムが全て、新たに採用された「ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・アッティーヴァ」と呼ばれる制御ユニットで統合管理される。車体の各部に装備されたセンサーからの情報を基に、瞬時に最適な設定が決定され、横方向(4輪ステアリング)、垂直方向(LMS)、縦方向(ESCと4輪駆動)を制御することで、あらゆる状況において最適な車両ダイナミクスを実現するという。

また、これらの設定およびエンジンやギアボックスのレスポンス等を、ドライバーが切り替えられるドライビング・モードには、従来の「ストラーダ」(快適性を重視した日常使い用)、「スポルト」(後輪に最大90%のトルクが配分されるスポーティなドライビング用)、「コルサ」(パフォーマンスが最大限に、電子制御の介入は最小限になるサーキット走行用)に加え、新たにドライバーの好みに応じてこれらの組み合わせをカスタマイズできる「EGO」モードが追加された。





ミドシップに縦置きされる6.5リッター自然吸気V型12気筒エンジンは、アヴェンタドールと比べると最高出力が700ps/8,250rpmから740ps/8,400rpmに引き上げられた。最大トルク70.3kgm/5,500rpmは変わらず。発表された0-100km/h加速2.9秒、最高速度350km/hというパフォーマンスもアヴェンタドールと同等となっている。トランスミッションもこれまで通り、「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」と呼ばれる7速シングルクラッチのロボット式変速ユニットが組み合わされる。テールパイプが3本になったエキゾーストは従来より20%ほど軽量化されているそうだ。

前後のホイールはアヴェンタドールより1インチずつ大径化し、前255/30ZR20、後355/25ZR21サイズとなったピレリ製「P ZERO」タイヤは、4輪操舵を備えるアヴェンタドールS特有の挙動に合わせて専用設計されたもの。ブレーキはカーボンセラミック製ディスクが標準装備となる。



インテリアの基本設計は変わっていないようだが、TFT液晶を使ったデジタル・インストゥルメントパネルは新機能に合わせてグラフィックが一新されたとのこと。内装はこのクルマの誕生を祝うために設定されたという「Sトリム」をはじめ、多彩な仕様から選択可能。オーナーの好みによって自由にカスタマイズすることもできる。インフォテインメント・システムは新たにApple CarPlayに対応した。

今回発表されたのはクーペのみだが、遅れてロードスターが追加される可能性も高い。価格はまだ公表されていないが、おそらくアヴェンタドールとアヴェンタドールSVの間、つまり4,317万3,000円より高く4,795万5,883円より安くなると思われる。日本導入時期も含め、気になる方はお近くのランボルギーニ正規販売代理店にお問い合わせを。


ランボルギーニ 公式サイト
https://www.lamborghini.com/jp-en/