mazda
マツダは、12月15日より防府第1工場(山口県防府市)において「マツダ CX-3」の生産を開始した。「マツダ CX-3」を生産する事によりグローバルで高まるSUV需要に対する車両供給体制を強化する。


<マツダ CX-3(国内仕様)>
 「CX-3」の生産拠点は、2014年12月に生産を開始した宇品第1工場(広島市南区)、2015年10月に生産を開始したタイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co. Ltd.」に続き、防府第1工場が3拠点目となる。


<マツダ CX-5(プロトタイプ)>
 これまで宇品第1工場で生産してきた「CX-3」を、防府第1工場でも生産することで、宇品工場で生産する「マツダ CX-5」、「マツダ CX-9」の車両供給能力を向上さる。防府第1工場での「CX-3」の生産にあたり、マツダが推進する「モノ造り革新」の「一括企画」や「コモンアーキテクチャー構想」の利点を生かし、スームズな生産の立ち上げを実現した。

■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/