オンロードだけではなく、オフロードも!! 走りの個性を演出するトヨタ「C-HR」用のTRDパーツが登場!!
TRDブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、トヨタC-HR」の発売にあわせTRDパーツの発売を開始した。

TRDは、この新しいクロスオーバーに対し、"Your Only Fun SUV"をキーワードにパーツ開発を行った。ちなみにこのキーワードは、あなただけのもの(Your Only One)と楽しさ(Fun)を掛け合わせた造語とのこと。クルマ好きのドライバーには所有する喜びを感じて頂けるように、車をツールとして使うドライバーにはファッションの一つとして飾る喜び、見る喜びを感じて頂ける、そんな想いを込めたコンセプトとなっている。

エアロパーツは、TRDがサーキットやラリーなど、モータースポーツのエンターテイメント性を注いだ「Aggressive Style」と「Extreme Style」という2つの趣の異なるエアロパーツが設定された。

Related Gallery:2016 Toyota C-HR TRD


オフロードイメージのExtreme Styleは、ラリーを始めとしたエクストリームスポーツのイメージを基に、アウトドアシーンはもちろん、ストリートでも際立つファッション性を目指し作られた。

フェンダーアーチ部分をより筋肉質に、かつブラックアウトさせることで、車高を変えずともリフトアップしたかのような迫力のスタイリングに仕上げらている。

最近ではあまり見かけなくなったが、レッドカラーのマッドフラップ等がラリーカーを想わせる演出に一役買っている。なお、マッドフラップは、ブラックも用意されている。


こちらは、Aggressive Styleだ。

どんなストリートシーンにも際立つ新世代のホットハッチをイメージしてデザインは、ローダウンせずとも低重心に見えるようにボリュームを最適化し、横方向へのブラックアウトを多用することでスポーティかつワイド&ローなスタイルを実現しているとのこと。

こちらのスタイルには、オンロードでのナイトドライブで存在感をUPさせる、フロントスポイラー内蔵型のLEDの設定も用意される。

なお、2つのスタイルともに、空力特性を考慮した効果的なエアロデザインに仕上げられている点はTRDならではであろう。


TRDにしては珍しく、スポーツマインドを散りばめた革調シートカバーも用意された。

ドライバー席の背面とサイドパッドに高い衝撃吸収性を持つエクスジェルを内蔵し、座面に配置した低反発ウレタンと合わせて高いホールド性を発揮するとのこと。単なるシートカバーとは一線を画すこだわりが、TRDらしさだろう。

その他、走行中に発生する微振動や、わずかな変形を吸収・減衰し、ボディ剛性も高めて応答性を向上、さらに車両のロール速度を減速させ、四輪の接地感を高める MCB(モーションコントロールビーム)など走りの強化アイテム等も用意されている。

両タイプごとに動画も用意され、かなり力が入ったラインナップとなっている。気になる読者は動画も合わせてチェック!!

TRD C-HR 公式サイト
http://www.trdparts.jp/c-hr/index.html


TRD AggressiveStyle

TRD ExtremeStyle