Related Gallery:2017 TAS Honda

ホンダは、2017年1月13~15日まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東京オートサロン 2017」において、四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両を出展し、さまざまなカスタマイズの可能性を提案するとともに、モビリティーの楽しさやモータースポーツの魅力を伝える展示を行うことを発表した。

画像は、「フリード アクティブコンセプト」だ。「フリード プラス」にアクティブなスタイリングとユーティリティー性能を加え、アウトドアスポーツを楽しむライフスタイルを提案するコンセプトモデルとなっている。

ユーティリティについては、未公開のインテリアの仕上がりが気になるところだ。


こちらは、フリードをさらにしなやかで上質な乗り味に仕上げた、コンプリートカーブランド「モデューロX」シリーズのコンセプトモデル「フリード モデューロ エックス コンセプト」。

最近また流行りだしたスポーティーなレッドを差し色に使ったカラーリングがポイント。


ステップワゴンにも、「モデューロXスペシャルエディション」が参考出品車として用意されている。

他には、四輪車として8月に日本で発表したスーパースポーツモデル「NSX」や、ホンダらしい「走る喜び」を実現したオープンスポーツ「S660」をブラウンのボディカラーやレザーシートでコーディネートした「S660 ブルーノ レザーエディション」などが出展される予定だ。

また、二輪車は「インターモト国際オートバイ・スクーター専門見本市 2016」に出展し、話題を呼んだコンセプトモデル「CB1100RS」や、オンロードとオフロードの双方での高い走行性能が好評の「CRF1000L Africa Twin」を展示。

モータースポーツ競技車両は、FIMロードレース世界選手権シリーズに参戦するMotoGPマシン「RC213V」をはじめ、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権に参戦した「マクラーレン・ホンダ MP4-31」、2017年SUPER GTシリーズに参戦予定の「NSX-GT」なども展示される。

コンセプトカーはそのまま市販化されることはないが、オートサロンの反響次第で市販される用品もあるので、是非欲しいアイテムがあったら説明員に伝えると良いだろう。

ホンダ 公式サイト
www.honda.co.jp/