【ビデオ】台湾政府、違法輸入されたランボルギーニ「ムルシエラゴ」を重機で粉々に破壊!
不正な手続きを経て、何らかの形で日産のR34型「スカイライン GT-R」を米国へ違法に輸入したものの、結局は当局によって押収され、破壊されてしまうことになったという話は聞いたことがあるだろう。規制をすり抜ける輸入業者を"厳しく"罰するのは、米国だけではない。詳しくは、このマット・ブラックで塗られたランボルギーニ「ムルシエラゴ」の台湾人オーナーに聞くか、重機によって破壊された映像のムルシエラゴの残骸をご覧いただきたい。

ビデオの映像だけでは、ムルシエラゴのオーナーが具体的にどのような輸入違反を犯したのか分からない。明らかなのは、台湾政府がこのオーナーを見せしめにするため、単にクルマを押収して破壊するのではなく、道の真ん中に場所を設けて群衆を集め、粉々に破壊していることだ。ビデオには、ランボルギーニがあっという間に細部まで破壊される様子が全て映されている。このノンストップの猛攻撃は車両全体に及び、ついにはマット・ブラックのフレームと、それに埋もれたイタリアン・トリコロール・カラーのシートだけになってしまった。

台湾政府の意図が人々に浸透し、美しく何の罪もないクルマが同じ運命を辿って無残な姿になるのを、これ以上見なくて済むように願うばかりだ。



By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー