TOYOTA C-HR
 バット見た瞬間に、誰もが引き寄せられるデサインである。個性的な抑揚やエッジが複雑に張り巡らされ、全体的に特徴のある造形である。それでいてSUV。このところ市場で存在感を示しているコンパクトSUVのジャンルにトヨタは、この「C-HR」を投入したのである。

TOYOTA C-HR TOYOTA C-HR
 デザイン性の高さは室内に目を写しても、そこかしこで確認できる。ドライバーの目に飛び込んでくるインパネからセンターコンソールまでの一連の処理もデザイン性に溢れているし、それは例えばシートやドアサイドにも行き届く。操作系はダイヤモンド形状と呼ぶ菱形がモチーフになっているようで、挙げ句の果てに天井にまで採用するというこだわりようなのだ。シフトノブすらも気になる。

TOYOTA C-HR
 もう一度エクステリアに目を写してほしい。全体的には車高が高いから、まごうかたなきSUVであることを感じさせるのだが、よくよく身を凝らしてみれば、4ドアクーペのボディを、SUVのシャシーに被せたかのようなシルエットであることがわかる。タイヤは大胆に18インチが奢られていた。


 仮に、サイドビューのタイヤからの下を何かで覆い隠して眺めてみるとそれはわかる。リアガラスは驚くほど傾斜している。SUVの定型とも言える、切り立ったテールエンドではない。むしろスポーツカーのごとく強く寝かせられているのだ。クーペそのものだ。そんなクーペボディをSUVのシャシーに載せてしまったのである。

TOYOTA C-HR
 トヨタの資料によれば、この手のコンパクトSUVに興味を示すユーザーの多くが購入動機で重視するのが、一番がスタイルであり、二番が燃費、そして駆動方式とスポーティな走りと続くらしい。そう、まず、デザイン性を高めることでユーザーのハートに飛び込もうとしたわけだ。
 もっとも、C-HRはデザイン性だけがウリの似非SUVではなかったことが、実は僕にとって最大の驚きだった。


 プラットフォームは、トヨタが新開発したTNGAである。低重心かつ高剛性、前後重量配分を意識した先進のプラットフォームが骨格である。プリウスでデビューした、トヨタがイチ押しにするシャシーがベースにある。

TOYOTA C-HR
 それゆえに走りの性能は、車高の高いSUVとは思えぬほどスポーティである。不快なロールを意識することはまったくない。ドライビングの視点が高いから、ついつい鈍重なフットワークを想像してしまうが、そんな悪癖はまったく感じなかったことに驚かされた。

TOYOTA C-HR
 今年のニュルブルクリンク24時間にトヨタは、C-HRを送り込んだ。僕はレクサスRCのステアリングを握ったけれど、チームメイトとして常に帯同していた。最初はそれを無謀なピントの外れた車種選定だと疑っていたけれど、あの難攻不落なサーキットに臆することなく挑み、抜群のコーナリングを披露していたことを思い出す。そう、走りの次元は、軟派なセダンよりも圧倒的に高いのである。それを今回、実際にステアリングを握ることで確認できたことは収穫だった。

Related Gallery:TOYOTA C-HR
TOYOTA C-HR
 ところで、搭載するエンジンは1.8リッターのハイブリットと、1.2リッターターボというラインナップ。経済性重視のハイブリッドには「S」「G」、ダウンサイジングターボの1.2リッターターボには「S-T」と「G-T」というグレード構成だ。
「S」「G」の駆動方式は2WD。「S-T」「G-T」は4WDである。市場調査にあった二番目の燃費と駆動方式をここで消化しているわけだ。

TOYOTA C-HR TOYOTA C-HR
 1.8リッター+ハイブリットはプリウスと同じ。最高出力98ps/5200rpm、最大トルク142Nm/3600rpm。それにモーターパワーが加わる。

TOYOTA C-HR TOYOTA C-HR
 一方の1.2リッターターボは、最高出力116ps/5200rpm~5600rpm、最大トルク185Nm/1500rpm~4000rpmを絞り出す。

TOYOTA C-HR TOYOTA C-HR
 それぞれ、ハイブリッドの加速感は、電気併用だけに初速から頼もしく、それでいてラバーフィールを伴って平坦に加速するタイプだ。一方のガソリンは、ターボらしく抑揚を伴うもの。どちらも劇的に速いわけではないが、シャシーの素晴らしさに影響されてスポーティに感じてしまったのである。できれば
1.2リッターターボ仕様には、マニュアルギアの設定が欲しくなったほどだ。


 ちなみに、プリウスとシャシーディメンションを比較すると面白いことに気づく。
 全長は180mmも短く、逆に全幅は35mmも広い。全高はもちろん圧倒的に高く、室内長も余裕がある。だが、室内長は短く幅も狭い。ホイールベースも短く、車重は逆に重い。そうしてみると、セダンよりも短くワイドで重く高いという特異なディメンションであることがわかるのだ。

TOYOTA C-HR TOYOTA C-HR
 そう、そのサイズ感を武器にしている。前後に短いことで軽快なフットワークを得ていながら、それがデメリットにもなりかねない安定性をワイドスタンスで補っている。高い車高はTNGAと足回りの良さで補い、重量増を感じさせないのだ。


 野暮を承知で、同じ動力源を搭載するプリウスと走りを比較すると、その差は明らかだ。ボディ剛性は細部に手が加わっていることがわかる。まったく別物。ザックスのダンバーが組み込まれているなど、走りのしつけは圧倒している。少なくとも、プリウスを素材にお茶を濁したSUVなどではまったくないことを付け加えておこう。


 そう、あまりに個性的なデザインが目を引くし、エンジンはプリウスのハイブリッドが積まれている。それだけの情報から短絡的に、プリウスのSUV版などとは思わない方がいい。C-HRは話題のコンパクト市場をリードする魅力的な「走りのモデル」だと断言する。

■トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp