フェラーリの魅力が詰まった祭典「フィナーリ・モンディアーリ 2016」を多数の写真でご紹介!
フェラーリによる年末恒例のレーシング・イベント「フィナーリ・モンディアーリ」が、初めて北米で開催された。このイベントは、4日間にわたって行われるフェラーリの魅力を詰め込んだ祭典で、メイン・イベントは、欧州、米国、そしてアジアパシフィックの3地域で開催されるワンメイク・レース「フェラーリ・チャレンジ」シリーズのドライバーたちが競い合う最終決戦だ。世界中から優れたフェラーリ使いが集まった「458チャレンジ EVO」によるレースはもちろん見応えがあったが、来季からこのワンメイク・レースで使用される新型車両「488チャレンジ」もこの場で公開された。さらに、歴代F1マシンのデモンストレーションや、「FXX」プログラムのサーキット専用モデルなど、数々の跳ね馬たちの走りやサウンドは驚くほど素晴らしいものだった。

また、今回のイベントでは、イタリア中部で発生した地震の被災者を支援するために1台だけ増産された最後の「ラ フェラーリ」がオークションに出品され、予想通り多額の資金を調達できた。同車は今世紀に作られたクルマの中では最高値となる700万ドル(約8億円)もの落札額を記録。伝統的なロッソ・コルサ(レーシング・レッド)にホワイトのアクセント、ノーズにはイタリア国旗の3色があしらわれるという特別なペイントが施されたワンオフ・モデルなので、これほどの高値が付いても驚くことはないかもしれない。

デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われたファンタジックなイベントを、我々が撮影してきた写真でたっぷりとお楽しみいただきたい。

Related Gallery:Ferrari Finali Mondiali 2016


By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー