ドナルド・トランプ次期大統領がIT企業の幹部たちと会合 イーロン・マスク氏が参加する可能性も
ドナルド・トランプ次期米大統領が12月14日に開催するIT企業幹部との会合に、グーグルの親会社アルファベットや、Facebook、マイクロソフトなどのリーダー達が参加するのは驚くことではない。テスラモーターズのイーロン・マスクCEOはこれに参加するともしないとも噂されている。差し当たってお伝えしたいのは、この会合が開かれること自体が意外な展開だということだ。IT企業と共和党の幹部が大統領選挙の前に秘密の会合を開き、トランプ氏を止めようとしていたことを考えれば、状況は全く変わったといえるだろう。ゴーカー・メディアを破綻に追いやったIT投資家のピーター・ティール氏は、今回の会合のために、トランプ氏とシリコンバレーのトップらとの間を取り持っているようだ。

米国のビジネス紙『The Wall Street Journal』によると、マスク氏にはトランプ氏との会合に参加する動機があるという。「マスク氏の様々な事業は、多くのIT企業に比べて、米国政府の歳入に依存する部分が大きい」からだ。例えば、スペースXはNASAと契約を結んでいるし、テスラの電気自動車には政府からの補助金が出る。とはいえ、IT関連ニュースサイト『Recode』では、マスク氏はスペースXとテスラの仕事で多忙のため、今回の会合のためにニューヨークを訪れることはないだろうと報じている。

一方、今回の会合に参加するIT企業幹部は、トランプ氏に取り入ろうと考えているようだ。オラクルのサフラ・キャッツCEOは、『ロイター』にメールで次のように述べたという。「次期大統領に、我々は味方でありどのような形でも支援していく、と伝えるつもりだ。トランプ氏が税法を改正し、規制を緩和し、より有利な貿易協定を取り決めてくれれば、米国のIT企業は今まで以上に強くなり、競争力も高まるだろう」


By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー