suzuki
スズキの軽四輪車「アルト」が12月12日、国内累計販売台数500万台を達成した。単一車種での国内累計販売台数500万台達成は、スズキとして初めてとなる。
「アルト」は、1979年5月に運転のしやすさ、使い勝手の良さ、経済性の高さに加え、車両の輸送費用を含んだ自動車業界初の全国統一価格で、常識を打ち破る47万円という価格設定で初代「アルト」を発売した。女性を中心として大ヒット商品となり、セカンドカーという新たな市場を開拓。さらにスポーツモデルの「アルト ワークス」を加え、多様化する市場のニーズに応えた。「アルト」は、37年以上にわたり日本の軽自動車を代表するモデルとなった。

suzuki
2014年12月22日に発売した8代目「アルト」は、「省資源・省エネルギー」「気軽に乗れて多用途に使える」「お求めやすい価格設定」という初代アルトの原点に立ち返り、軽自動車に求められる基本性能に磨きをかけながら燃費性能、走り、デザイン、安全性能を進化させた。


国内累計販売台数500万台達成を記念して、LグレードとSグレードに3色の特別色を設定し、12月20日より発売する。

■スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp