『ワイルド・スピード ICE BREAK』初の予告映像が公開!
映画『The Fast and the Furious(邦題:ワイルド・スピード)』シリーズの粗探しをするとすれば、そのネーミングが挙げられるだろう。ひどく一貫性がないのだ。そして、近々公開が予定されている最新作でもその傾向は変わらないようで、今回は"Fast"という言葉が外されてしまった。




これは公式Twitterアカウントで12月9日(現地時間)に公開された15秒間という短い予告編だが、『The Fate of the Furious(邦題:ワイルド・スピード ICE BREAK)』と名付けられた新作映画のアクション・シーンを映す非常に激しいものとなっている。映像はドミニク・トレットが顔をしかめる場面から始まり、お決まりの様子でセリフを吐くルーク・ホブス、アサルトライフルを握るレティ・オルティス、スノーモービルに乗った敵をぶっ飛ばすローマン・ピアース、そしてお馴染みの爆発と銃撃シーンが映し出される。これぞ、いつもの『ワイルド・スピード』だ。一瞬だが悪役を演じるシャーリーズ・セロンの登場シーンも確認できる。

そして昨日の日曜日、さらに見応えのある最初の公式トレーラーが公開された。それが下の映像だ。こちらではドミニクが乗るプリムス「GTX」や、雪の中を疾走するランボルギーニ「ムルシエラゴ」、そしてシボレー「コルベット」"C2"のショッキングな姿も見られる。

この邦題『ワイルド・スピード ICE BREAK』、日本では4月28日に公開予定だ。



By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー