マクラーレン、フェラーリと同様に12年間までの保証延長サービスを開始
Related Gallery:2016 McLaren 570S First Drive

現在、マクラーレンのオーナーで、その高額なスポーツカーに何かあった場合に備えて確実な保証が欲しい方にマクラーレンから朗報が届いた。同社は、製造日から最長12年間、皆さんがお持ちのマクラーレン車を守る保証延長サービスを開始したと発表した。これまでマクラーレンのオーナーが利用できたのは、3年間の保証を走行距離無制限の7年間まで延長できるオプションのみだった。保証を延長するには追加料金が掛かり(マクラーレンはその価格を公表していないが)、12ヶ月または24ヶ月単位での延長が可能だ。

だが残念なことに、「マクラーレン P1」をお持ちの方はこの保証を利用できない。このサービスはマクラーレン「MP4-12C」「570S」「650S」を含む「スポーツシリーズ」及び「スーパーシリーズ」とそれらの派生モデルにしか適用されないのだ。また、この保証を付けてマクラーレンを購入しようとしている方のために言っておくと、この保証が適用されるのは新車または製造から10年未満で走行距離が10万マイル(約16万km)未満の認定中古車に限られる。さらに、通常の走行による摩耗や傷、乱暴な運転や誤った運転による故障ではないと見なされた場合にだけ適用され、社外品のパーツで改造した場合にも適用不可となる。

長期間の保証を提供するスーパーカー・メーカーは、マクラーレンだけではない。米国の経済情報サイト『Business Insider』によるとフェラーリも2年前に、通常の3年間保証を追加料金で12年まで延長するサービスを開始したと発表している。同社はさらに、新車購入時から7年間無料の定期メンテナンス・プログラムも提供している。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー