ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ社、123億円以上の資金を調達したと発表
イーロン・マスク氏が考案した超高速旅客輸送システム「ハイパーループ」の開発に向け、ハイパーループ・ワン社(H1)がプロトタイプの建設を進めている一方で、その競合であるハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ社(HTT)は、米国カリフォルニア州サンフランシスコからロサンゼルスまで30分以内で運行することを実現するため、すでに1億800万ドル(約123億円)を超える資金を調達したと発表した。

その内訳は、投資家からの現金が3,180万ドル(約36億円)で、残りの7,700万ドル(約87億円)は労働力やサービス、土地使用権や将来の現物出資が含まれるという。

HTTはアーリーステージ、つまり起業後2~3年のテクノロジー系企業のためのクラウドソーシング・プラットフォーム「JumpStartFund」から誕生し、会社の株式のために労働力の"現物出資"を行うボランティアたちの支えにより、プロジェクトとして発展してきた。

HTTによれば、他にもいくつかの企業が現物出資の提供を行っているという。素材メーカーのCarbures Europe S.A.やデザイン・エンジニアリング・ファームのアトキンス、ブランド・マーケティング・ファームのAnomaly Communications LLC、さらにハイパーループ・システムにAR情報を映し出す窓を取り付ける計画でHTTと協力している欧州ベースのAR・VR企業Reflekt GMBH、ハイパーループ・システムのカギを握る重要な技術となる産業用真空ポンプ開発を専門とするドイツ・ケルンのLeybold GmbHも含まれるという。

プロトタイプはまだ公開されておらず、米国版TechCrunchスタッフの取材もギリギリのところでキャンセルとなってしまったが、これらの企業が関わっているならば、HTTは本当に"何か"を造っているはずだ。

HTTは、クラウドソーシング経由で「38カ国、44社に及ぶ200人以上のプロフェッショナル」を含む603人以上の人材が、同社のテクノロジー開発に時間と才能をつぎ込んできたと主張している。

しかし、HTTの共同設立者であるビボップ・グレスタ氏の発言については、以前から何度か懸念されている。オーストラリアのニュース記事で、ハイパーループをクイーンズランド州に建設するために同州政府の代表者と会ったという文章が、グレスタ氏の発言として紹介されたのだが、この記事を掲載したニュースサイト『RN』が同政府機関に確認したところ、「当局者がグレスタ氏やHTTの関係者と会ったということは認識していません」との回答を得たことから、記事は訂正された

さらにグレスタ氏は今年始め、『TechCrunch』を含む複数のメディアに対して、「カリフォルニア州の計画都市Quay Valley(クエイ・バレー)にハイパーループ・システムの建設を行おうとしている」と話していたが、これまでのところ我々が見たのは数枚の完成予想図だけだ。



HTTは後日、2017年にデモトレインの試験をすると『TechCrunch』に語り、さらに何枚かの完成予想図を提供してきた。

我々がその試験について尋ねたところ、HTTの広報担当者は、試験のほとんどは終了しており、同社が契約を結んでいる米国ローレンス・リバモア国立研究所が開発した受動磁気浮上技術を使った実物大での試験も既に済んでいると回答。さらに、「複数の地域で実物大の旅客システムを作る準備を進めており、現在他国とも交渉中」と語った。

さらにHTTによると、建設を進めるために、前述のクエイ・バレーがあるキングス郡と協力しているが、いくつか"制御不能"な事案があったという。

もちろん、どんな新しいテクノロジーも構築には時間がかかるし、スタートアップが当初予想していたより長くかかることもある。しかし、そこにはトップ争いというものがあり、少なくともHTTのライバル1社は既にテストトラックを建設し始めている

懲りないグレスタ氏は、HTTは「進むべき"トラック上"にいる。我々はコースを描き、それに沿っている」と語っている。

HTTのダーク・アルボーンCEOは、「HTTは単なる企業にとどまらない、ムーブメントそのものだ。会社設立当初、自らの情熱に従って入社し、株式を何百万ドルもの価値にするために働いている人が大勢いる」と付け加えた。

注:この記事は米国版『TechCrunch』に掲載されたSarah Buhr記者の記事を転載したもの。


By TechCrunch
翻訳:日本映像翻訳アカデミー