アップル、地図アプリ改善のためドローンの使用と屋内ナビゲーションの提供を計画
路上でカメラやマッピングのための機器で覆われたクルマを見かけても、今さら誰も驚かないだろう。しかし今後は、テクノロジー産業界の巨人が、空から我々の住む場所を覗き見ることになるかもしれない。金融情報サービス『ブルームバーグ』によればアップル社は自社の「マップ」アプリ改良のために、ドローンの使用を計画しているという。そのドローンは標識や建設現場、そして急速に変化していく地域の上を飛ぶことになる。狙いは、ライバルであるグーグル社のマップよりもいち早く情報を更新することだ。

ブルームバーグは、アップルが米国連邦航空局(FAA)から「データ収集、写真および動画の撮影を行う無人の飛行物体を飛ばす」許可を2016年3月22日に取得していることも報じている。同社は、ドローンを飛ばすのは主に日中であること、ドローンの操作を行うためにライセンスを保持しているパイロットを雇うこと、そして人や建物の上は飛行を避けることに合意したようだ。

アップルがマップのアプリに施そうとしている改良はもう1つある。それは、混雑した建物の中でもユーザーをナビゲーションすることだ。同社が今年買収したスタートアップ企業、Indoor.ioとWiFiSlamが屋内ナビゲーションの技術を持っており、これをiPhoneと統合させることで、GPSの信号が届かない場所でもユーザーの場所を追跡することが可能になるという。ブルームバーグによれば、これらの機能は早ければ2017年にも提供される可能性があるとのこと。


By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー