アップル、米国道路交通安全局に宛てた書簡で自動運転車の計画を公式に認める
アップル社が自動運転技術の開発をしていることは既に形だけの秘密となっていたが、このほどそれが公に確認された。米国道路交通安全局(NHTSA)宛てにアップルが送った書簡の中で、同社は様々な分野における自動化に「心躍らせて」おり、その中に「運輸分野も含まれる」と認めたのだ。また、自社開発による自動運転技術のテストの実施や、その技術の導入によってもたらされる倫理道徳上の問題と法規制についても提議している。書簡では一例として、自動車業界全体で衝突(及びニアミス)データを広く共有し、安全性を向上させるべきだとする一方で、データの共有に当たっては「プライバシーは守られなければならない」とも述べられている。

また、同社は極めて重要なこととして、既存自動車メーカーには有利な点があり、これは不公平であるとしており、新規参入組が自動運転車をテストする際に、現在のように法令規制の適応免除の申請をする必要なしに、既存メーカーと同様の機会が与えられるよう要望している。

経済紙『フィナンシャル・タイムズ』の取材に対し、アップルは今回のNHTSAに送った書簡の要点を明確にしている。この書簡を送った理由としては、同社が(人工知能による)機械学習と自動運転システムの開発に多大に注力していることを挙げ、自動運転車の最適な活用法を形づくるのが目的だとしている。ただし、具体的に何を作っているかは明らかにさらておらず、『フィナンシャル・タイムズ』の記事ではアップルが自動車に関する計画を縮小し、車両自体を開発するのではなく、そこで使われるテクノロジー・プラットフォームの研究開発に集中していると報じている。

これでアップルが運転手の要らないクルマの開発に意欲的に取り組んでいることが明確になったわけだが、果たしてその技術が実際の生産車に最初から搭載されるようになるのか、あるいはアップル・ブランドの製品として路上で使われるようになるのか、それについては疑問を残している。

この記事は米国版『Engadget』のJon Fingas記者による記事を転載したもの。


By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー