出かける前に、猫バンバンやってますか!? 今年も日産が「#猫バンバン」プロジェクト実施中!!
日産は、車のエンジンルームやタイヤで猫が被害に遭う事故の未然防止のために2015年から「#猫バンバン」活動を推進しており、2016年1月26日より「#猫バンバン プロジェクト」を立ち上げている。

「#猫バンバン」と聞くと、猫をバンバンたたく!? と誤解されそうだが、もちろんそのようなことはしない。

画像のように自動車のエンジンや下回りの隙間に入ってしまった猫に、こちらの存在を気付かせるために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、車体を揺らすアクションのこと。ボンネットコンコンとも言える。


年冬になると、寒さをしのぐために車のエンジンルームやタイヤの隙間に入った猫に気付かずエンジンを始動したために、猫が犠牲になってしまうという事故が多発しており、日産では、そのような悲劇を少しでも減らすべく、乗車前には必ず猫がいないかを確認し、気配を感じたらエンジンルームを確認するよう呼びかけいる。

実際そのようなことは起こるのかネット上で検索すると、実際に猫がファンベルトなどに巻き込まれて、ディーラー等で、大変な作業をしなくてはならないという事例が多数出てくる。ちょっとした心がけが悲惨な事故を防ぐことになるのだ。


今年も日産は、画像のようなロゴやステッカーのデータを公式サイトからダウンロードできるようにしたり、また、「#猫バンバン」マグネットステッカーの配布等を期間限定で行ったりしている。

これからの寒い時期は、このような猫が入り込んで事故になる案件が増えるので、特に、毎朝通勤、送迎などにクルマを使う人へ教えてあげて欲しい。詳しくは動画をチェック!!

日産#猫バンバン 公式サイト
http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/


#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN #KnockKnockCats