富士重工業は新型「インプレッサ」の1.6Lエンジン搭載グレードを12月20日より発売する。
新型「インプレッサ」の先行予約台数は、2016年9月1日から10月11日までに5,883台に達している。

新型「インプレッサ」はお客様に最高の「安心と愉しさ」を提供する事を目指し、次世代プラットフォーム"SUBARU GLOBAL PLATFORM"をはじめとした様々な新技術を投入し、国産初となる歩行者保護エアバッグを標準装備、「総合安全」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現した。 1.6Lエンジン搭載グレードは、軽快な走りはそのままに実用燃費を向上。


新型「インプレッサ」の1.6Lエンジン搭載グレードの希望小売価格(消費税込み)は、1,922,400円~。

■スバル 公式サイト
http://www.subaru.jp