クリスマス・プレゼントに最適...とはとても言えない、馬鹿げたほど高額な自動車ブランド・グッズをご紹介
ブランドに対して真の情熱を持っている自動車愛好家は、あらゆる方法でそれを表現しようとする。自動車メーカーもまた、お金を使ってくれるファンの気持ちに喜んで応え、多種多様なブランド品を販売している。しかし問題なのは、一部のメーカーのブランド戦略があまりにも度を超しているということだ。彼らはメーカーのブランド・ロゴが入っているという理由だけで、一般的な商品に常識外れの値段を付けて販売し始めている。今回はそんな商品の一部をご紹介しよう。


ランボルギーニ ペーパークリップ5個入り:17ドル(約1,900円)
高級自動車ブランド・グッズの中には、常識外れに高額ではあるが、決して買えないわけではないものもある。例えば、このランボルギーニのペーパークリップ5個入り。1個あたり3.40ドル(約380円)だ。ちなみに、大手ネット通販のAmazon.comだと、1,000個入りのペーパークリップが11.92ドル(約1,350円)で買える。そのクリップに猛牛のロゴは付いていいるか? いや、付いていない。だが代わりに、もっともっと多くの紙をまとめることができる。ペーパークリップとは本来、そのために必要とされるものだ。


レクサス ノート:36.75ドル(約4,100円)
見ての通り。らせん閉じのノートに36.75ドルも払うべきではない。以上。次に進もう。


フェラーリ 陶器製灰皿:75ドル(約8,500円)
フェラーリは、法外な値段のブランド品を売ることに関しては非常に罪深いメーカーの1つだ。この灰皿の価格は一般人でも手の届く範囲だが、大好きなブランドのシンボルの上に灰を落とすためだけに、100ドル札の4分の3も費やす感覚は理解しがたい。


ベントレー Tergus 37 キャンドル:56ポンド(約7,900円)
このベントレーのキャンドルは、非常に高額なだけあって、変わった複雑な香りがするらしい。ベントレーの説明によれば、「アヤメ、新鮮なサフラン、ブラックペッパー、そして貴重な樹木から取れる乳香といったスパイスの層の中にレザーの香りを閉じ込めました。ベースノートはトンカ豆、バニラ、パチョリ」とのこと。富とはそんな香りがするのだろうか? この56ポンドを節約して、代わりにヤンキー・キャンドルの店を訪れたい。


アウディ デスクパッド:245.95ドル(約2万8,000円)
さあ、ここからは本当に高額な商品が登場する。まずは、アウディのデスクパッドだ。アウディのクルマの内装で使用されているレザーと同じもので出来ているという点ではお洒落な製品だ。しかし、キーボードの下のホコリを集めるために支払う金額としては洒落がキツイ。



ポルシェデザイン レーザーフレックスペン:530ドル(約6万円)
レクサスのノートも飛んでもない値段だったが、このポルシェデザインのペンほど高価すぎるオフィス用品は他に例をみない。これは上等な万年筆ではない。芯はレーザーカットされており、ボディ全体が収縮して芯が出てくる仕組みの、ステンレススチール製の"ボールペン"なのだ。「PORSCHE DESIGN」のロゴが付いているから、530ドルもするのだろう。安いBICのボールペンを買って、走行会への参加費のために節約したい。


ポルシェデザイン 「911 GT3」エキゾーストサウンドバー:3,500ドル(約39万円)
これは、ポルシェ「911 GT3」の本物のマフラーが使われているとてもユニークな商品だ。しかし、本当に3,500ドルのマフラーを自宅に自慢気に飾りたいか、自問自答する必要があるだろう。この金額を出せば、素晴らしいサウンド・システムが購入できる。あるいは十分に優れたサウンド・システムと、ポルシェの実車に使えるパーツを手に入れることができる。選択はあなた次第だ。


アウディ テーブルサッカー:1万6,756ドル(約189万円)
テーブルサッカーは確かに楽しい。立派なガレージに置くにはピッタリだ。しかし、このアウディのテーブルサッカーには、相当立派なガレージの改装費用ぐらいの値段が付けられている。あるいは、現金で中古のアウディを購入して、お釣りでノーブランドのテーブルサッカーを買えるだろう。もしくは...1万6,756ドルあれば、沢山のことができるのだ。これさえ買わなければ。


ランボルギーニ カーボンファイバー製Bynomioスーツケース:1万7,388ドル(約197万円)
このスーツケースに長旅で使う洋服を詰め込むのも1つの方法だ。しかし、ホンダ「フィット」の新車を買い、さらに目的地まで洋服をクルマで運んでくれる人を雇うという方法もある。フィットには、容量164リッターのスーツケースの代わりに、1,492リッターの荷室が備わる。思いとどまった人はきっと、後で我々に感謝するだろう。


エットーレ・ブガッティ ライフスタイル ウールカシミヤコート:1万3,193ドル(約150万円)
ひょっとしたら、これは最も馬鹿げた値段の自動車ブランド・グッズかもしれない。創設者エットーレ・ブガッティの名前が付いたライフスタイル・ブランドの商品だ。ガレージに「ヴェイロン」がある家なら、1万3,193ドルのコートがクローゼットにあっても不思議ではない。それどころか、同社が以前に販売していた2万ドル(約226万円)以上するオーストリッチレザー製のジャケットだってあるかもしれない。とはいえ、ヴェイロンに乗るような人には、そんなものを買うような馬鹿げたことはしないだけの良識を持っていてもらいたいものである。


By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー