ジャガーは現在開催中のLAオートショーで、ブランド初となる電気自動車「I-PACE コンセプト」を発表した。現在は"コンセプト"と名乗っているが、既に市販化を前提としたモデルであり、2018年には発売が予定されているという。



ジャガーによれば「スーパーカーの外観、スポーツカーのパフォーマンス、そしてSUVのスペースを備えた、 従来の常識に捉われない電気自動車」であるというI-PACEは、既存車種をベースに電気自動車化したわけではなく、このモデルに最適な新しいアーキテクチャを白紙から設計したという。前後アクスルに1基ずつ搭載された電気モーターが、合計で最高出力400psと最大トルク700Nmを発生し、それぞれ前後輪を駆動する。停止状態から瞬時に発揮する大トルクと4輪駆動のトラクションを活かし、0-60mph(約96.6km/h)加速はわずか4秒と、5.0リッターV8スーパーチャージド・エンジンを搭載する2シーター・スポーツカーの「F-TYPE R」並みだ。



フロア下に並べるように搭載された容量90kWhのリチウムイオン・バッテリーは、電気モーターと共にジャガー・ランドローバーが自社で設計・開発したもので、日本でも一般的な50kWの急速充電器を使えば、90分で80%まで充電できる(満充電にはさらに2時間かかる)。新欧州ドライビング・サイクルによる航続距離は500km以上となる見込みだという。



ジャガーが販売しているSUV「F-PACE」と比較すると、クーペのように傾斜したフロント・ウインドスクリーンとCピラーが特徴的なボディは5人乗り。ルーフ後端が後部座席乗員の頭部に位置し、その後方の傾斜したハッチの下は荷室となる。全長は4,680mmとF-PACEより60mmほど短いが、ジャガーによれば、後席乗員のひざ周りは「高級サルーン並み」に広々としているという。荷室容量は530リッター。エンジンがないため、フロントのボンネット下にも荷物が収納できるという。

前ダブルウィッシュボーン、後インテグラルリンク式のサスペンションには、F-PACEやF-TYPEの開発で得られた知見が活かされ、本物のジャガーらしいダイナミズムとハンドリング、乗り心地が味わえるそうだ。このコンセプトカーでは23インチのホイールと、ピレリがショーのために製作した専用タイヤが装着されていた。




インストゥルメント・パネルには12インチのデジタル・ディスプレイが組み込まれ、センターコンソール上下にも2つのタッチスクリーンが備わる。センタートンネル等がないのでフロアはフラットだ。"英国のクラフトマンシップ"が反映されているというインテリアはディテールまで美しい。

このI-PACEは2017年に市販モデルが発表され、2018年に販売開始となる予定だという。排ガスを出さずにジャガーに乗りたい方は、もうしばらくお待ちを。